ゆたんぶろぐ

気が向いたら書いてます

個人的にお勧めな京都のお食事・パン・喫茶・甘味・お土産

今はこんなご時世ですが、時間が経ってアレが収まって、気楽に旅行をできるようになった後の参考になればと思って、まとめて書きました。
個人的に、友人が訪ねてきたら連れて行きたい・お土産に渡したい、というコンセプトで選びました。
文章量で「ここが好きなんだな」「ここはそうでもないのかな」と思わないでください。どこも好きです。

カテゴリ別に記載していきます。カテゴリ内は五十音順にしています。

お食事編(しっとり)10 選

和食やおうどん・お蕎麦など、しっとりって感じのお店です。

一の傳

f:id:primedesignworks:20190923133509j:plain
f:id:primedesignworks:20190923130555j:plain
f:id:primedesignworks:20190923132001j:plain
西京漬の名店で、ランチのみ店内で食べられます。そのコースメニューが毎回素晴らしく、メインである銀だらの蔵みそ焼以外の盛り合わせや、茶筅水が施された汁物やご飯まで、全て美味しいです。特に蔵みそ焼の凄まじさはひと口ごとに動きが固まる、旨味を体全体で噛み締める感じです。1F ではお持ち帰りもありますが、さすがにプロが焼いてすぐのお品には全く敵いませんでした。

いづう

f:id:primedesignworks:20201226190938j:plain
f:id:primedesignworks:20201226190643j:plain
f:id:primedesignworks:20201227020916j:plain
いづうさんのお寿司はどれもこれも美味しいんですが、最も好きなのが「箱寿司」です。夏場は鱧、冬場は鰆が焼き身として確か使われていたと記憶してますが、鰆の方が好きです。雀(小鯛)や玉子、海老などの押し寿司と一緒になっていて色々と楽しめるし、どれも超絶美味しいのです。その「雀寿司」も美味しいし、冬場にある「蒸し寿司」も美味しい。鰆の方が好きだと言いましたが、鱧寿司もとても美味しいです。そして伏兵かもしれませんが、いづうさん以上の巻き寿司に出会ったことがありません。おそらく珍しいであろう白い干瓢や、味わい深く煮込まれたしいたけ、三つ葉など口の中が御馳走で満たされます。ちなみに鯖寿司は贅沢ながらいづうさんでしか食べたことがないので、比較はできませんが、光物が苦手な母が「いづうさんのは食べられる」と言っていました。

うお嘉

f:id:primedesignworks:20201223125504j:plain
f:id:primedesignworks:20201223125509j:plain
f:id:primedesignworks:20201223125519j:plain
筍料理の老舗で、春はたけのこのフルコースを、これでもかというぐらいに堪能できます。メインは焼き物なんですが、ぼくは途中で出される「朝掘り筍鏡煮」がとても、というか筍料理で最も好きです。お出汁の味わいと筍の食感が絶妙で、来て良かったと心から思えます。焼き物も田楽もそれぞれ美味しいですよ。

圓堂

f:id:primedesignworks:20190615133257j:plain
f:id:primedesignworks:20201223021734j:plain
f:id:primedesignworks:20201223021739j:plain
年頃になり、油物を回避せざるを得なくなってきてはいるんですが、圓堂さんの天ぷらは全く油っこくなく、天ぷらなのにさっぱりといただけます。雰囲気も素晴らしいお店なので、ここぞという日に利用しています。

岡北

f:id:primedesignworks:20200606164058j:plain
f:id:primedesignworks:20201011174719j:plain
f:id:primedesignworks:20201222152902j:plain
もう何年も月に 1〜2 回は通い続けている、我が家にとっての最高のおうどん屋さんです。夏季限定の「冷やしきつね」が最高のうどん物で、このページのシェア画像にも設定している程です。ここまで味わいのある、おうどんの具ではなく正真正銘のメインであると確信できる非常に味が濃いおあげさんとおうどん、お出汁の兼ね合いが凄まじいです。「天とじうどん」が有名ですが、同じとじうどんでも「きつねとじうどん」をぼくは推します。おあげさんの味わいがお出汁に溶け込んでいるところがとても好きです。そして「肉丼」も外せない逸品で、ここまでの肉系丼をぼくは他に出会ってません。お肉もタレも最強です。寒い時期は、強めの生姜で体がポカポカと温まるあんかけうどんもいいですね。生姜の効いたお出汁がまたいいんですよ...。その他、定番の「きつねうどん」や「カレーうどん」、「鳥なんば」などもおうどんや、「おてがる天せいろ」などのお蕎麦も美味しいですし、京都でしか見たことのないおあげさんを卵でとじた「衣笠丼」は岡北さんのが最も好きです。

ぎをん梅の井

f:id:primedesignworks:20201205122045j:plain
梅の井さんの鰻はふっくらとして柔らかく、とても好きなんですが、加えて、タレが鰻物で一番好きです。お店によって多少なりとも違う味なんですが、ぼくにとって見事にハマる味です。年に一度の大事な日に行っています。

ちりり

f:id:primedesignworks:20201222152824j:plain
f:id:primedesignworks:20201222152829j:plain
f:id:primedesignworks:20201223021747j:plain
特筆すべきは、ひと口目の突き抜ける幸福感です。豚の脂の甘さとお出汁の深みのある味わいがこれ以上になく絶妙な融合を果たし、吐息が漏れるほどに好きです。ちなみに、牛肉の場合はポン酢かごまだれを選べます。お出汁は選べません。何故だろうと思って豚肉で使ったお出汁に浸けて食べてみると...理由が分かりました。牛の脂は豚ほどの甘味が無くさっぱりしているので、お出汁と微妙に合いません。しかし、先ほどの選択できるタレに漬けると、さすがお店が選択肢として提供してるだけあって素晴らしい味わいになります。あと、3 枚目の写真は鱧なんですが、最近見かけないんですよね...やめられたとしたら復活してほしいです...。

半兵衛麩

f:id:primedesignworks:20201222152951j:plain
f:id:primedesignworks:20201222152955j:plain
はっきり言って、生麩を侮っていました。しかし半兵衛麩さんで食べてみると、とてもとても美味しくて、その後に生麩と付け味噌を百貨店などで何度も買うほどに好きになりました。もっちりとした食感が口の中に満足感を与えてくれます。ちなみにお味噌は赤が好みです。

松葉

f:id:primedesignworks:20201222201848j:plain
f:id:primedesignworks:20201231024107j:plain
f:id:primedesignworks:20201231024111j:plain
晦日の年越し蕎麦でもう 20 年以上お世話になっています。友人を何人も連れて行ったりしてますが、食べたいものが多くて、毎回メニューとにらめっこになってしまいます。外でお蕎麦を食べたくなったら、松葉さんへ行くことが多いですね。

六盛

f:id:primedesignworks:20201222153005j:plain
f:id:primedesignworks:20201222153011j:plain
f:id:primedesignworks:20201223140131j:plain
スフレで人気かと思いきや、ぼくにとってのこちらの最大の特長は、煮物、特にしいたけの煮物です。こんな美味しい煮物があったなんて...と思いました。コースで出されるお肉もお魚も美味しいですが、煮物のぶっ飛んだ美味しさには驚きました。その後、百貨店内のお惣菜店舗でしいたけの煮物だけ売ってないかと探した程です。


お食事編(がっつり)10 選

がっつり食べたい気分のときに向かうお店です。

おがた

f:id:primedesignworks:20210723165941j:plain
f:id:primedesignworks:20210723165946j:plain
f:id:primedesignworks:20210723165937j:plain
ぼくとしては「洋食おがた特製ハンバーグ」とカレーは外せない(メインをハンバーグにしてミニカレーを選択できる)んですが、最も強烈だったのはスープです。ポトフのとても濃厚な感じ...と言って伝わるか分かりませんが、凄まじい旨味です。ここまでの野菜スープを他に味わったことがありません。ハンバーグもカレーもとても好みなので、ここでは毎回同じメニューを頼んでしまっています。

かね正

f:id:primedesignworks:20201222152815j:plain
f:id:primedesignworks:20201222152820j:plain
名物の「きんし丼」が、今年初めて出会ったご飯で最も衝撃的でした。考えることを捨てたのではないかと思うほどに、脳が「もっと食べたいもっと食べたい」と味に支配されます。錦糸卵と鰻とタレとご飯、それぞれが互いに良さを引き出し合い、遥かな高みへ押し上げています。テーブルに山椒や七味などがあり、追加のタレも置かれるんですが、山椒好きのぼくでも、「お店が考え抜いた末の状態=提供されたまま」が最も美味しいと思いました。

祇園下河原 ひさご

f:id:primedesignworks:20201229170609j:plain
f:id:primedesignworks:20201229170615j:plain
f:id:primedesignworks:20201229170619j:plain
ぼくとしては、世界最高の親子丼です。卵のとろっとした感じや味、鶏肉の柔らかさ、お出汁の旨味が最高の状態だと思います。昔は注文時に「山椒をかけていいですか」と尋ねられたもんですが、近年はテーブルに山椒が置かれているので、山椒好きとしては夢のような話です。以前、伏見稲荷で登山した後に来店したんですが、疲れ切った体には濃い目の味が物凄い快感でした。おうどんも美味しいので、複数名の場合は、丼とおうどんのシェアとかいいかもしれません。なお、衣笠丼も食べてみましたが、親子丼とレシピが違うのか、料理人が違うのか分かりませんが、卵の感じが違いました。

十二段家

f:id:primedesignworks:20201227114703j:plain
f:id:primedesignworks:20201222152912j:plain
f:id:primedesignworks:20201227114228j:plain
「大えび天丼セット」を好きでよく注文するんですが、この天丼の天ぷらは、衣が少し甘めでしかも普通に想像する天ぷらとは違うサクサク感があって、とても好きです。しかしなんと言っても、「名物だし巻き」なんですよ。生粋の卵好きとして、色んなところでだし巻きを食べましたが、ここが最高です。これは完全に好みではありますが、「しっかり焼いて巻きました」ではなく、フワフワなんです。フワフワだとお出汁の味わいもストレートに感じられるので、毎回注文してます。すき焼き定食は比較的安価ながらも満足感のあるお味で、こちらと大海老天丼で毎度悩ましいです。牛肉しぐれという一品も大好きです。あと、しゃぶしゃぶ発祥のお店らしいです(単語ではなく料理として)。

東洋亭

f:id:primedesignworks:20201222152928j:plain
f:id:primedesignworks:20201222152936j:plain
f:id:primedesignworks:20201231031446j:plain
ハンバーグで有名ですが、一度、「フィレビーフのカツレツ」を食べてみると戻れなくなりました。それほどに美味しいです。まぁ猫舌のぼくはハンバーグが毎回熱すぎるので食べるのがツラいという側面もありますが...。あとは「百年プリン」ですね。デザートでは毎回一択になってしまっています。他も気になるところではありますが、東洋亭さんに来てプリンを食べないとは何事かって脳内の誰かが言ってる気がしています。

葱や平吉

f:id:primedesignworks:20201222152940j:plain
f:id:primedesignworks:20201222173838j:plain
f:id:primedesignworks:20201223135511j:plain
まず、ねぎ入れ放題というところが素敵です。写真 3 枚目の肉吸いとか、写真は掲載していないとろろめしも美味しいんですが、ぼくの一番手は「唐揚げタルタル定食」です。唐揚げはもちろん美味しく、さらにタルタルソースが美味しいのなんのって...。このふたつが合わさったときの幸福感が計り知れません。これらはランチで提供されており、かなり行列になっているので、時間に余裕を持って来店される方がいいですね。

ぱこ

f:id:primedesignworks:20190821212026j:plain
あまりラーメンを食べなくなったんですが、ぱこさんの「極上塩らーめん」はとにかくスープが美味しい。以前連れて行った友人が「このスープはずっと飲んでいられる」と口走るほど、ちょうど良い塩加減がたまりません。ちなみに「ぱこ」は電話番号の市内局番「8585」から来ています(以前は店名が「ぱこぱこ」だった)。

風来房

f:id:primedesignworks:20201222153000j:plain
友人に連れられて行った際に注文した「白虎」に惚れ込み、それ以来白虎しか食べたことないんですが、ぼくにとってはラーメン・つけ麺での最上位スープです。濃いんですがしつこくなく、トロトロのお肉と香辛料との絶妙なバランスで、いつも持ち帰りたいと思ってしまいます。スープが濃い故に、麺よりも白米の方が合うと思っていて、レンゲに白米を乗せ、スープに浸して食べています。願わくば、麺無し白米有りのオプションがあればいいなと思っています。あと、替え玉をしようとする際は、時間が経っても麺同士が引っ付かないように最初は冷たい麺を選び、替え玉では少し冷めたスープを温める意味で温かい麺を選ぶと良いと思っています。

松乃

f:id:primedesignworks:20201024144648j:plain
鰻と玉子の組み合わせは珍しくはないんですが、松乃さんの玉子はフワフワで甘い味付けで、これがとても好きなんです。この甘い玉子のみをご飯に乗せたメニューがあれば注文するでしょう。この鰻と玉子の分量が逆の「せいろ蒸し」もあるので、好みによって注文をすると良いと思います。もちろん鰻も美味しいし、肝吸いも臭みとか全く無く美味しいです。

モリタ屋

f:id:primedesignworks:20201222152839j:plain
f:id:primedesignworks:20201222152843j:plain
f:id:primedesignworks:20201223140008j:plain
京都風の作り方で食べられる、極上のすき焼きです。最初に仲居さんがザラメと割下で焼いてくれる 1 枚目のお肉を卵に浸けて口に入れた瞬間に、全身を感動が包みます。続いてお野菜なども入り、渾身の九条葱がまた素晴らしいです。贅沢なひと時を堪能できます。年中美味しいですが、寒い時期の方が九条葱が美味しいと思うので、冬場に来られることを最もお勧めします。


パン編 10 選

パンの消費量を取り沙汰される京都なので、入れてみました。

eze bleu

f:id:primedesignworks:20201224180636j:plain
f:id:primedesignworks:20201224160845j:plain
f:id:primedesignworks:20201123235119j:plain
1 枚目のソーセージエッグの破壊力が凄いです。ソーセージよりエッグ。卵。最初に口にした瞬間に「うまっ!」と思わず声を上げた程でした。ぼくとしては、お店の一番人気の「ベーコンスパイス」を遥か上を行っています。マフィンなどの甘いパンも美味しいですよ。

GRANDIR

f:id:primedesignworks:20201226120821j:plain
f:id:primedesignworks:20201227203446j:plain
f:id:primedesignworks:20201123232319j:plain
グランディールさんのイチオシは「ミートパイ」です。旨味が凝縮されており、洋食屋さんのコース料理のメインとパンを一緒にいただいているかのような気持ちになります。次に「フレンチマリネ」がとても好みで、大きなベーコンの下にはエッグサラダが隠れています。この、ベーコンと卵とパンの一体感が素晴らしいです。「マスカルポーネあんぱん」やパニーニ類を始め、買ったどのパンも美味しく、ハズレがないという印象です。

志津屋

f:id:primedesignworks:20201222152648j:plain
f:id:primedesignworks:20201226030015j:plain
f:id:primedesignworks:20201225134306j:plain
京都では超が付くほど有名な志津屋さん。あんこ好きのぼくとしては色々なあんぱんを食べましたが、志津屋さんの「京都 ザ・あんぱん 大納言小倉あん」が最高です。あんこが飛び抜けて美味しい上にたっぷりと入り、さらにパンの味わいが濃くてほぼ毎回買っています。さらに「大鼓 粒あん」はその上を行く凄まじいあんこの量です。とにかく重い。「コロッケパン」も志津屋さんのが一番好きで、コロッケを挟んである、ではなく、ソースにどっぷり浸けたコロッケを挟んであるので、とても好みです。そして 3 枚目の「ドリブル」が凄い。フチも柔らかいフランスパンで、これだけでも充分に美味しいんですが、あんバターにすると最強なんです。さっきも食べました。他、「カスクート」や「ふんわりオムレツサンド」、「元祖ビーフカツサンド」なども美味しく、あぁそうだ、「たっぷりクリームパン」のカスタードクリームがまた絶品です。こちらもあんぱん同様にたっぷりなのでたまりませんね。そうそう、フルーツサンドもかなり美味しいです。クリームが...ヨーグルト風味なんですよ...どうですか...想像しただけで食べたくなりませんか...。

進々堂

f:id:primedesignworks:20201222152701j:plain
f:id:primedesignworks:20201223142117j:plain
f:id:primedesignworks:20201222152706j:plain
志津屋さんと同じく超有名店です。こちらも美味しいパンが目白押しなんですが、真っ先にお勧めしたいのがフルーツサンドです。パンもクリームもフルーツも美味しいんですが、最大の特長としては「完成度の高さ」でしょうか。とにかくバランスが望遠鏡でようやく見えるくらいの高さにあるんです。「シェフのカレーパン」は油っこく無くてとても美味しいし、「焦がしバターのフレンチトースト」も糖と脂質にツボを抑えられているかのような感動を憶えます。あと、こちらは雰囲気が突き抜けて素晴らしく、イートインスペースで優雅な朝食やランチを楽しめます。

Boulangerie YAMAZAKI

f:id:primedesignworks:20201128152301j:plain
f:id:primedesignworks:20201103173206j:plain
f:id:primedesignworks:20201128151338j:plain
「オレンジとクリームチーズのバブカ」を毎回買っています。甘さと酸味のバランスで脳を直撃する美味しさです。「自家製カレーパン」や「ソフトあんバター」やおかずパン各種、どれもとても美味しいので、ついつい買いすぎてしまいます。レジにいるときにカレーパンの焼き立てが来たら交換してくれたり、持参したエコバッグに詰めてくれたりと、店員さんの配慮にも感謝です。

別格

f:id:primedesignworks:20201225153724j:plain
f:id:primedesignworks:20201226185533j:plain
八ツ橋の雄・おたべさんが展開するパン屋さんで、ぼくとしては食パンよりも京都駅店で販売されているクロワッサンをお勧めします。特にあんこを挟んだクロワッサンが非常に美味しく、「あんとバター」と「あんとクリームチーズ」を食べましたが、本体であるクロワッサンの美味しさにさすが和菓子屋さんという味わいの濃いあんこがとても合っており、どちらかと言えばバターの方が甘さと対比する塩加減があるので好みですね。この原稿記載時は、「つぶあん」は製造停止になっており、再開したら買いに行きたいです。

bonne volonte

f:id:primedesignworks:20201226195540j:plain
f:id:primedesignworks:20201227205330j:plain
f:id:primedesignworks:20201205214129j:plain
近くを通った際に気になって入ったお店が、実は有名店という出会いでした。大きな窯が見えており、焼き立てを味わえるイメージが簡単に想像できます。こちらは何と言っても、予約が殺到する食パンです。パン生地が口の中で溶けます。しかしかき氷のように単純に溶けるということではなく、旨味を置き土産に溶けていく感じです。是非、買って帰宅後にすぐ生で召し上がっていただきたいと思います。あと、クリームパンのカスタードクリームがとても美味しいです。生地が薄くて持ったときに「溢れ出してきそう」と不安にはなりますが、そこはうまく食べてください。

マリーフランス

f:id:primedesignworks:20201206075421j:plain
f:id:primedesignworks:20201222152624j:plain
f:id:primedesignworks:20201229162520j:plain
あんこの量が膨大なあんぱんで有名ですが、ぼくは「自家製粒あんのペストリー」が最も好きです。10 日ほどで「食べたい」と気が狂いだし毎日このパンのことを考えてしまう程です。品名にあるあんこの量は少なめですが、生地がとてもぼく好みで、そぼろ部分も甘さがちょうど良く、バターの風味がまた好みでたまりません。「バターパン」も大好物で、クッキー生地にバターを挟んでいるという文字にするとシンプルなんですが、飽きない美味しさでこちらもバランスが非常に好みでとりあえずトレーに乗せちゃいます。この生地を使った「餡 バタ子さん」もとても好みで、この 3 つが三種の神器的な存在です。四天王とするなら「コーンエッグ」を選びます。コーンはあまり入ってませんが、エッグサラダとても美味しく、「コーンがなくても充分にリピートする味だ」と思っています。サンドイッチも、ハムチーズだったりエビカツだったりハムカツだったり色々あり、どれも美味しいです。「べーコンブロート」はあんぱんのように凄まじいベーコンの量で胡椒がとても効いていてスパイシーでとても好きです。他、「ソシソン」や「クリームパン」なども美味しく、食パン「パンドミー」もとても好きで、高級食パンに引けを取らないどころか凌駕するかもしれません。ちなみに、超重量あんぱんでは「やきもち風あんぱん」が好きです。もう通い婚のように足繁く通っています。

まるき製パン所

f:id:primedesignworks:20201223143440j:plain
f:id:primedesignworks:20201228151854j:plain
f:id:primedesignworks:20201228152748j:plain
京都のパン屋の有名どころは多くあるんですが、こちらもその一角で、具材を挟んだコッペパンの頂点だと思っています。特にハムロールが素晴らしく、ハムとバターとキャベツ、少ないかなという見た目ですが、実際に食べてみると実に絶妙なバランスで成り立っており、「これが...まるき製パン所か...!!!」という感動を覚えます。ぼくとしては「エビプリカツロール」が次に好きで、名前の通りエビカツのプリプリさがたまりません。オムレツロールは中にお肉が入っていて、好きな感じです。他も美味しいし、店先に無ければ作ってくれたりしますよ。

Le Petit Mec

f:id:primedesignworks:20201223151334j:plain
f:id:primedesignworks:20201223151339j:plain
f:id:primedesignworks:20201223151344j:plain
こちらも超有名店で、フランスパンがとにかく美味しいです。何かを挟んだフランスパンであっても、まず「パンが美味しい」って印象が先に来ます。そしてあんぱんは中村製餡所さんのあんこを使っており、風味豊かで特別感があります(中村製餡所さんのあんこがそもそも非常に美味しい)。イートインができるので、ぜひ店内で食べてみてはいかがでしょうか。


喫茶編 10 選

茶店やカフェ、パーラー的なお店です。

伊右衛門サロン

f:id:primedesignworks:20201223024711j:plain
f:id:primedesignworks:20201223024716j:plain
f:id:primedesignworks:20201223024722j:plain
移転前しか行ったことはないんですが、「家でじゃなくて外でちゃんとした緑茶を飲みたい」と思ったときに行っていますし、「旅行した気分になりたい」場合に朝食を食べに行っています。ぼくが大好きなかぶせ茶もあるので信頼感がありますし、朝食の卵かけご飯が絶品です。良い雰囲気のお店で朝食を摂ると、旅行した気分になりませんか?

小川珈琲

f:id:primedesignworks:20201223025251j:plain
f:id:primedesignworks:20201223025256j:plain
f:id:primedesignworks:20201227024555j:plain
ぼくは乳糖不耐性でかつ甘い珈琲が苦手なので常にブラックで飲みますが、こちらの珈琲はとても香りが良く味も濃いので好きです。店内のショーケースにあるケーキはどれも美味しそうでいつも迷うんですが、どれも美味しいので、是非一緒にいかがでしょうか。

鍵善良房

f:id:primedesignworks:20200314093630j:plain
f:id:primedesignworks:20201223160417j:plain
くずきりで有名なお店です。あんこをこよなく愛するぼくは、「きび餅ぜんざい」をお勧めします。きび餅が香ばしく仕上げられており、あんこもとてもとても美味しいのです。きな粉も大変美味しく、後述する「かぎ餅」が大好物であります。店内はもちろん上質な和で包まれているので、京都旅行の現実を噛み締められると思います。

志津屋 三条店

f:id:primedesignworks:20201223125431j:plain
f:id:primedesignworks:20201223125426j:plain
店頭で売られていないサンドイッチ類をイートインスペースで食べられます。もちろん店頭で購入したパンも食べられるので、メニューの迷路に足を踏み入れる感じです。しかしせっかくなので、イートインでのみ食べられるサンドイッチをお勧めします。挟まれた具材も美味しいし、パンも美味しいので、満足感は非常に高いです。イートインスペースは「昔ながらのパン屋」という素朴な雰囲気です。

進々堂 寺町店

f:id:primedesignworks:20201223125437j:plain
f:id:primedesignworks:20201223125444j:plain
f:id:primedesignworks:20201223125450j:plain
進々堂さんの店内はどこも高級感があり、上質なひと時を過ごせますが、この寺町店は広めなのでゆったりした感じも加わって非常にお勧めです。店頭でのパンはもちろん、イートイン専用フードも多数あるので、こちらもメニューの迷子になります。珈琲も美味しいし、イートイン専用フードだとパンのお代わりもあって、しかも焼き立てのフランスパン...このフランスパンがまた美味しいんですよ...「ガーリックフランス」や「明太子フランス」がたまりません(小切れで提供されます)。

ZEN CAFE

f:id:primedesignworks:20200809164422j:plain
上述した鍵善良房さんが展開するカフェで、フルーツサンドが有名です。鍵善良房さんは和菓子屋さんですが、純然たるフルーツサンドで、しかもかなり美味しいです。雰囲気はもちろん素晴らしいので、歩き疲れた体を癒すひと時にとても良いと思います。

築地

f:id:primedesignworks:20201222202144j:plain
幼なじみとの時間や取引先との打ち合わせなどに利用していますが、もう大正ロマンという雰囲気がとても好きです。大抵はワルツが流れていてリラックスできます。1 テーブル分のスペースが割と狭いのは難点ですが、一度座ってしまえば気にならないです。

パパジョンズ

f:id:primedesignworks:20201223031543j:plain
f:id:primedesignworks:20201223031547j:plain
f:id:primedesignworks:20180724152839j:plain
大学生の頃からよく通っているケーキ屋さんで、チーズケーキを主としています。定番の「ニューヨークチーズケーキ」や「ストロベリーチーズケーキ」など、どのケーキもとても美味しく、ぼくは夏に出会った「ライムのタルト」が抜群に好きなんですが、その年以来見ていないので、復活してほしいものです。

ホソカワ

f:id:primedesignworks:20200809155120j:plain
フルーツサンドのお持ち帰りができますが、ぼくは店内でいただく「旬果盛り合わせ」をお勧めしたいです。とても美味しいフルーツが数種類乗せられてあり、度肝を抜かれたのがパイナップルでした。パイナップルって食べると何か引っ掛かりのようなものを感じるんですが、ホソカワさんでのパイナップルはそのようなことが一切なく、想像を超える甘さがあって驚きました。

リプトン

f:id:primedesignworks:20201223032102j:plain
f:id:primedesignworks:20201227024551j:plain
リプトンと言えば紅茶ですが、京都にはリプトンが展開するティールームが数店舗あるので、美味しい紅茶と共に美味しいケーキも食べられます。ため息が出るくらいに美味しそうな見た目に違わず、味もかなり好きです。夏場に販売される「マンゴーミルクレープ」で悶絶しています。


甘味編 10 選

甘味を店内で楽しめる 10 軒です。あんこについての詳細は、こちらをどうぞ。
wings.hatenablog.com

梅園

f:id:primedesignworks:20200229163426j:plain
f:id:primedesignworks:20201223204339j:plain
みたらし団子で有名なお店で、お団子も美味しいですが、ぼくはこちらの「餅ぜんざい」がかなり好きです。梅園さんのおぜんざいは、甘さがやや強めのあんこも汁のとろみも好みで、お餅は実に香ばしく、とても好きです。冬場の際はぜひ堪能していただきたいです。

おせきもち

f:id:primedesignworks:20200125154715j:plain
f:id:primedesignworks:20201222193029j:plain
京都駅の北側ばかりのお店で連ねてしまっているので、南側の雄として紹介させていただきます。赤福つぶあん版のような感じで、お餅の柔らかさやあんこの味が絶妙で、行く機会にはあまり恵まれていませんが、城南宮などへ行った際は是非とも寄りたいお店です。お土産としても買えます。

かさぎ屋

f:id:primedesignworks:20210722155957j:plain
f:id:primedesignworks:20200229140238j:plain
f:id:primedesignworks:20200328133635j:plain
歴史をひしひしと感じるお店で、こちらの一押しは「三色おはぎ」です。つぶあんこしあんは固定で、夏場はきな粉・冬場は白あんによって三色となっています。つぶあんは餅米の玉にあんこをかけたようなほぐれ具合で、おはぎ全体をお箸で掴むという行為はできないくらいにホロホロです。小豆のひと粒ひと粒が絶品です。加えて、夏場のきな粉のおはぎがとても美味しくて、きな粉の香ばしさが素晴らしいです。甘さ控えめの「亀山」や「京都ぜんざい」も美味しいです。

加茂みたらし茶屋

f:id:primedesignworks:20201229170549j:plain
f:id:primedesignworks:20201229161349j:plain
f:id:primedesignworks:20201229161837j:plain
みたらし団子の発祥のお店で、先端のひとつが少し離れていることが特徴です。タレの味もお団子の焼き加減も絶妙で、個人的にはみたらし団子といえばここ、という感じです。店内で食べることも持ち帰ることもできます。持ち帰った場合は、袋にタレをたくさん入れてくれているので、後がけもできるし、家にあるお餅に絡めたりしてもいいと思います。「ぜんざい」は見た目はあっさりとしてそうですが、しっかりと甘いです。

ぎおん徳屋

f:id:primedesignworks:20200316030722j:plain
f:id:primedesignworks:20200316030726j:plain
f:id:primedesignworks:20201223204334j:plain
おぜんざいはかなり色々なお店で食べましたが、徳屋さんのおぜんざいが一番ぼく好みです。自分でお餅を焼くスタイルなので、「焼き立てのお餅」が保証されており、あんこの甘さもちょうど良く、気が遠のくほど好きです。また、お口直しの昆布がとてもとても美味しくて、これだけ販売されていたら、持ち帰ってご飯と一緒に食べたいくらいです。かなり行列ができていたりしますが、店内の席数が多いのでそこまで待つことはありませんでした。

㐂み家

f:id:primedesignworks:20200328145730j:plain
f:id:primedesignworks:20200229112300j:plain
f:id:primedesignworks:20201223204346j:plain
カフェっぽい店内の雰囲気である㐂み家さんですが、ガチガチの甘味処です。こちらの「亀山」や「ぜんざい」共に、あんこの甘さが強めでぼくの好みにピッタリだし、お餅の香ばしさや柔らかさもとても好きなので、いつも楽しみです。冬場は白味噌のお雑煮もいただけますよ。

茶寮 宝泉

f:id:primedesignworks:20201222152806j:plain
f:id:primedesignworks:20201222152810j:plain
f:id:primedesignworks:20201223204351j:plain
なんと言ってもこちらでのお勧めは、店内の雰囲気です。鍵善良房さんの項でも書いた「京都旅行の実感」を強く感じられます。店内でいただける「丹波大納言ぜんざい」や「わらび餅」、お持ち帰りできる「大内菊」という最中など、どれも美味しいです。この最中でのあんこのひと粒ひと粒がまた美味しいんですよ...。

茶ろん たわらや

f:id:primedesignworks:20201223192523j:plain
f:id:primedesignworks:20201223193106j:plain
f:id:primedesignworks:20201223193112j:plain
俵屋吉富さんが展開する茶房で、非常に上品な甘味をいただけます。おぜんざいを食べた瞬間に「これこれ...!!!」ってなりました。俵屋吉富小川店さんの裏にあるので、帰りに店舗でお持ち帰りを購入することもでき、その場でも後でも素晴らしい甘味を楽しめます。

月ヶ瀬

f:id:primedesignworks:20200404144435j:plain
f:id:primedesignworks:20200314161837j:plain
f:id:primedesignworks:20201223204330j:plain
こちらの「亀山」がとても好きで、「亀山を食べたい」という脳内で再生されるイメージが月ヶ瀬さんです。ただし、めちゃくちゃ熱いので、毎回舌を火傷してしまいます。甘さ控えめの「ぜんざい」や「あべかわ餅」もとても美味しいです。地図を貼っている堺町店だけでなく、高島屋さんや祇園にもあるので、とても行きやすいです。

鶴屋吉信 菓遊茶屋 / tubara cafe

f:id:primedesignworks:20200718130858j:plain
f:id:primedesignworks:20201223125458j:plain
f:id:primedesignworks:20200125115304j:plain
鶴屋吉信さんの本店の隣にある茶屋で、こちらも雰囲気が素晴らしいです。そして和菓子の老舗たる甘味の数々があり、本店へ行けばお持ち帰りもできるので、茶屋でいただいたお菓子が好き、本店でさらに買って帰るという贅沢ができます。また、さらに隣にある tubara cafe では、代表銘菓である「つばらつばら」の限定餡をいただけ、お持ち帰りもできます。


お土産編(近距離) 10 選

生菓子などの持ち歩きの時間が短めのお土産です。

葵家やきもち総本舗

f:id:primedesignworks:20210722181601j:plain
f:id:primedesignworks:20201223190218j:plain
賀茂別雷神社上賀茂神社)にある和菓子屋さんで、「やきもち」で有名です。ここの「京おはぎ」は、あんこの甘さも餅米のつぶし具合もとても好きで、むしろこのおはぎを買いに行くということが多いです。非常に柔らかくて、原型を維持して持ち帰るのが困難なので、贈答の際は充分に気をつけてお持ち歩きください。

一休

f:id:primedesignworks:20201224014226j:plain
近隣への持ち帰り限定になってしまいますが、ぼくが一番好きなたこ焼きです。外フワ中フワというたこ焼きで最も理想的な形状で、鰹節も花かつおでなく粉というのもぼくの好みで(家でたこ焼きを作る際は必ず粉を使う)、ソースの味も美味しいし、一度試してみていただきたいたこ焼きです。

今西軒

f:id:primedesignworks:20201222152534j:plain
f:id:primedesignworks:20201223191101j:plain
個人的にあんこ物のナンバーワンで、今西軒さんのおはぎには毎回感動しています。水分量が多く感じるけどベタっとしておらず、餅米のつぶし具合はもとより味も素晴らしく、「原材料は同じなのになぜこうも違うのか」と不思議に思うほど突出した存在だと思っています。こしあんやきな粉も食べましたが、絶句するほどのあんこと餅米を楽しめることから、つぶあんを最もお勧めします。並んでいるときにお店から薫ってくる餅米を炊いている香りがまた素晴らしいのです...。「あんてぃーく」というゆであずきも売られていますが、こちらはおはぎに使われているあんことは別物です。もしおはぎと同じあんこであれば...ヨダレが出そうです...。

オオマエ

f:id:primedesignworks:20201031192654j:plain
f:id:primedesignworks:20201031193028j:plain
f:id:primedesignworks:20201223151319j:plain
アップルケーキで有名なお店で、そのアップルケーキがとても美味しいです。おそらくリンゴが入っていなくても充分美味しいと想像できます。生ケーキも、店頭で売られている焼き菓子もどれも好きです。

カステラ ド パウロ

f:id:primedesignworks:20201222152518j:plain
f:id:primedesignworks:20201222152522j:plain
f:id:primedesignworks:20201222173833j:plain
北野天満宮のすぐ隣にあるポルトガル洋菓子屋さんで、気になって最初に立ち寄った際に買った「パステル デ ナタ」というエッグタルトが驚くほど美味しく、それ以来お気に入りのお店になっています。「パウロのカステラ」や「プディン デ ジェーマ」、「マミーニャシュ」「プディン デ ジェーマ」「フォフォシュ」など、卵好きとしてはたまらないお品ばかりで、「とりあえず全部ください」と言いたくなります。3 枚目の店内写真は、許可を得てから撮影しました。

仙太郎

f:id:primedesignworks:20210613211325j:plain
f:id:primedesignworks:20201222173850j:plain
f:id:primedesignworks:20201222152548j:plain
仙太郎さんは安定感が抜群で、どれも非常に美味しい、普段使いに最適な和菓子屋さんです。「七穀おはぎ」は七穀のお米の中に普通のおはぎよりも甘さが強めのあんこが入っていてとても美味しいです。苦手の外郎を克服させてくれた「水無月」も、外郎の甘さとあんこの甘さが喧嘩しないどころかお互いを高め合っている感じがします。「おはぎ」は餅米に紫蘇が混ぜられており、おはぎという重めの印象がある和菓子を爽やかな風味に変えるアクセントになっています。そして「丹波みくまり 小豆」は琥珀寒天で小豆を包んでおり、こちらも寒天とあんこが共存し、美味しさが倍増しています。その他「あぶり餅」「どら焼 仙太」「あぶりだんご」「もち最中」など素晴らしい作品が並びます。自分で餡を挟む「ご存じ最中」もお土産でよく持って行きます。

東洋亭

f:id:primedesignworks:20201223125417j:plain
上述の「お食事編」でも触れましたが、東洋亭さんの「百年プリン」に毎回感動します。非常に濃厚な卵を感じ、カラメルもちょうど良い味わいで、個人的には最も好きなプリンです。プリンで 500 円は値が張ると思いきや、食べてみると納得する確実な満足感があります。

中村製餡所

f:id:primedesignworks:20201222173856j:plain
f:id:primedesignworks:20210710153133j:plain
f:id:primedesignworks:20200808120141j:plain
和菓子の盛んな街特有のあんこ屋さんという業態です。冷蔵庫で数日の日持ちが可能で、味が変わってしまったという記憶はありません。数日であれば常に美味しい状態を保てます。冷蔵庫に入れているからだと思いますが、少し固めなので、パンに塗るよりもおぜんざいにしたりあんこ餅にする方が合うと思います。新しくラインナップに加わった「丹波大納言」は、粒の味がより強く感じられてとても美味しいです。

鳴海餅

f:id:primedesignworks:20201223200029j:plain
f:id:primedesignworks:20210717155413j:plain
f:id:primedesignworks:20201222173812j:plain
お餅はもとより、お赤飯が有名です。鳴海餅さんのあんこはお塩がやや強めです。しかしここでは敢えて、「おはぎのデコレ-ション」を紹介します。平たく言うと「あんこケーキ」です。生地部分が餅米、クリームがあんこという、おはぎ好きとしては夢のようなケーキです。その場で買うことはできないので、事前に注文する必要があります。

ヤオイ

f:id:primedesignworks:20200809144554j:plain
f:id:primedesignworks:20201223205517j:plain
京都でのフルーツサンドの定番のお店です。大宮の店舗は持ち帰り用店舗と食事用店舗が分かれていますが、今出川の店舗は一緒になっています。果物屋さんなので、フルーツがとても美味しいです。


お土産編(遠距離) 10 選

持ち歩きの時間が長くても大丈夫なお土産です。

打田

f:id:primedesignworks:20201222152553j:plain
f:id:primedesignworks:20201223021606j:plain
f:id:primedesignworks:20201231012944j:plain
ぼくが最も好きな漬物屋さんです。もうかれこれ 20 年以上は通っています。美味しいお漬物を挙げろと言われてもキリがなく、大根に昆布と鰹節をおんぶさせた「おんぶ漬」、長芋のとろみにちょうど良い山葵の辛さを添える「長いも わさび味」、味わいがとにかく深い「しば漬」、しば漬よりもさっぱりしてるけどしっかりしたお味の「新しば漬」、柚子でさっぱりとする「京そだち」、柔らかい甘さとシャキシャキ感の素晴らしい「つぼ漬」、噛めば噛むほどに味わいが溢れてくる「茄子浅漬」、昔ながらも極上な「胡瓜糠漬」...。最近はアレの関係か、試食が取り止められているようなのですが、どれも美味しいので安心して買えます。

うね乃

f:id:primedesignworks:20201226185548j:plain
f:id:primedesignworks:20201229033947j:plain
お出汁の専門店で、とても上品な風味のお出汁を手に入れられます。お吸い物やお味噌汁、お雑煮などの定番の使い方の他、ひつまぶしのお茶漬け用に使ったり、普段は水を入れるところをこのお出汁に替えてみたりと、様々な用途で活躍できます。お店の場所は違いますが、おうどん屋さんも展開しており、現在「仁王門うね乃」さんは閉店してますが、2021 年 3 月頃を目処に新店舗を開店されるそうで、そちらも期待しています。

鍵善良房

f:id:primedesignworks:20201228024629j:plain
なんと言っても「かぎ餅」です。求肥ときな粉というよくある和菓子ですが、段違いの美味しさです。個人的には鎌倉・豊島屋さんの「階」と双璧を成す逸品です。日持ちもするので、数日間楽しめるのがまた素晴らしいです(数日後でも柔らかさは変わりません)。求肥のお味もきな粉のお味もとても好みで、きな粉餅が好きという方へは迷わずお土産としてお勧めしています。

御座候

f:id:primedesignworks:20200801102238j:plain
f:id:primedesignworks:20200801103809j:plain
f:id:primedesignworks:20201222173846j:plain
回転焼き・大判焼きなど色々な呼び方がありますが、近畿ではその和菓子が「御座候」と呼んでも通じるくらいまでの、代名詞的な知名度を誇っています。赤あんも白あんも美味しい「御座候」も好きですが、我が家で常にストックしてあるのが「つぶあん」です。様々なあんこ屋さんや企業のゆであずきを食べましたが、最もぼく好みで、パンに塗ってもお餅に付けても最高に美味しいです。写真のパンは上述の志津屋さんの「ドリブル」ですが、これがまた合うんです。初めて合わせたときは「これだ...!!!」と思いました。

祇園辻利

f:id:primedesignworks:20201231225516j:plain
ご存知の通り、京都はお茶のお店が多くありますが、ぼくは辻利さんのお茶が好きです。中でも「玉鵬 特撰」が好きで、深い深い香りと味わいの満足感がとても高いです。ドイツ赴任時(2004〜2005 年)にも持って行ったぐらい気に入っています。その頃は店頭にあったんですが、最近は店員さんに注文をしないと出してくれないので、気になる方は尋ねてみると良いと思います。それと、ティーバッグ形状の玉鵬があったと思うんですけどねぇ...今は茶葉しか無いらしいです。ちなみにこの玉鵬はかぶせ茶なので、似た感じは他のかぶせ茶でも楽しめます。

笹屋伊織

f:id:primedesignworks:20201222152538j:plain
f:id:primedesignworks:20201223202617j:plain
f:id:primedesignworks:20201223202623j:plain
こちらも色々とお勧めしたい和菓子が多いんですが、中でも栗が入った「だるまさん」という最中を真っ先に紹介します。非常に美味しいあんこもたっぷりと入っています。同じ最中でも「お手作り最中」は、皮がパリっとしている、ではなく、サクっとしています。普通、最中って口の中に皮が張り付くのが定番ですが、この最中はそういうことがありません。「塩豆大福」などの生菓子もとても美味しいですよ。

俵屋吉富

f:id:primedesignworks:20210117033559j:plain
f:id:primedesignworks:20190803230509j:plain
f:id:primedesignworks:20201229041902j:plain
ぼくがお土産として和菓子を選ぶ際の候補ナンバーワンが「雲龍」です。非常に上品なあんこを心ゆくまで楽しめます。竿菓子なので切らないといけませんが、「今日はどれだけ食べようか」と悩みつつ切っています。もうひとつ非常にお勧めなのが「山椒もち」で、山椒の香りと少しのピリリとした感じ、そしてお餅の甘さが融合した、珍しくも懐かしい和菓子です。現在販売休止中なので、再開が待ち遠しいです。店舗限定の「俵もなか」もあんこの味が濃厚でとても美味しいです。

鶴屋吉信

f:id:primedesignworks:20201222152603j:plain
f:id:primedesignworks:20201229161202j:plain
f:id:primedesignworks:20210722180439j:plain
「京観世」で有名な鶴屋吉信さんですが、ぼくは羊羹をお勧めします。「相傳極上 小倉羊羹」は凄まじく美味しい羊羹で、初めて口にするまでは、羊羹にさほど思い入れはありませんでしたが、それを覆すほど印象深い、実に上品かつ濃いお味に驚きました。「鶴屋吉信ようかん」は、小さいからと侮るべからず、こちらも非常に美味しいです。そして「柚餅(ゆうもち)」です。柚子の香りとさっぱりとした風味が、お餅の甘さに溶け込み、止まらなくなる美味しさです。柚子パッケージはなかなか手に入りませんが(本店で取り置きしてもらいました)、通常パッケージであれば各店舗で購入できます。生菓子ももちろん美味しく、3 枚目は「夏衣」で、道明寺製羹でつぶあんを包んだ見た目も涼しげなとても美味しい和菓子です。

松葉

f:id:primedesignworks:20201231143913j:plain
f:id:primedesignworks:20201231143928j:plain
f:id:primedesignworks:20201231190920j:plain
上述した松葉さんのお蕎麦とお出汁がとても好きで、年越し蕎麦や普段使いで買いに行きます。安価とは思えないほどの美味しさで、「やっぱ家でやるとプロが調理したものとは程遠い」ではなく、家でゆがいて食べても凄まじく美味しいので重宝しています。店頭では「緑のお出汁」と言えば伝わります(商品名を言うより早い)。

三木鶏卵

f:id:primedesignworks:20201231012759j:plain
f:id:primedesignworks:20201231012836j:plain
だし巻きで有名なお店で、大晦日には大行列ができます。何故大晦日に大行列なのかは分かりませんが、お正月に相応しい感じであることは分かります。お出汁でプルプルと言うよりも、しっかりとした卵焼きという感じですが、存分にお出汁の風味も楽しめるので、毎回楽しみにしています。

ぼくが好きなあんこ物を並べてみる(ほぼ京都・ほぼつぶあん

子供の頃から、三笠というデカいどら焼きやおはぎ、赤福などをよく食べさせてもらっており、今でもあんこが大好きです。特に粒あん。かと言ってこしあんを嫌悪してるわけではなく、好んで選ぶのが粒あんということです。昔、「粒あんを食べる人の気がしれない」とか、ぜんざいを食べるぼくの横で話す過激派の老婆を見たときは驚きましたが。
そんなぼくが好きなあんこ物を、これでもかというぐらいに並べてみます。土地柄、京都の物が大半なので、お土産の参考にでもなれば幸いです。あくまでもぼく個人の好みであることをご了解ください。
今後もこのページを更新していくつもりなので、個人的な記録の集積になると思っています。

※2019 年からの写真を残している物を紹介していきます。

では、件数が多いので早速いきましょう。1 ジャンル内で 7 商品を超えた場合は、コメント無しの五十音順で羅列していきます。
場所の表記ですが、コンビニ・スーパー・催事で入手など以外は本店の場所を記します。明確な本店が分からない場合は購入場所や店舗一覧の先頭を記します。

スクロールバーはとても小さいけど、大量の写真があるので文章量は少なめです。

おはぎ

あんこ物として最上位に君臨するのがおはぎです。萩の季節が「おはぎ」、牡丹の季節が「ぼたもち」って分け方がありますが、面倒なのでここでは全ておはぎと呼びます。ひとつの商品に対してのあんこの割合が多く、手軽に食べられる大きさであり、かつ、これも大好きなもち米をお餅より軽い、お米に近い状態で味わえるのがこの君臨理由です。

今西軒(京都・烏丸五条)

今まで食べてきたおはぎで最も美味しいと思うのが、この今西軒さんのおはぎです。水分量が多めなので上品でありながら奥深い味わいの粒あんに、もち米のうっすらとした甘さと程よい歯ごたえが凄まじく合ってます。おはぎと言うと、割と重めの和菓子ってイメージがありますが、今西軒さんのおはぎは、後味がさっぱりしており、いくつでも食べられる感じです。粒あんならではの瑞々しさというか水分をとても多く感じられるので、まさに飲み物といった感じです。
9:30 開店ですが、9:00 頃には到着していると、全種類を安心して買うことができます。9:00 から並び始めても、9:30 にはかなりの行列になってしまっているので、特に土日祝祭日などはかなり早めに行った方がいいです。
個人的にはあんこ物として最上位です。

かさぎ屋(京都・二寧坂)

見たことのない形状をしているため、訪れる前から楽しみにしていましたが、実際に食べてみるともう美味しくてたまりませんでした。調理シーンを見てないので完全に想像ですが、煮た小豆を穴の開いたおたまですくい上げて汁を切った上で丁寧に乗せて少しだけ押さえた感じです。写真はおはぎのように固まって見えますが、実際はお箸を突撃させると小豆がほろっと崩れるぐらいにふんわり包まれています。もち米が少なめなので、もち米重視やトータルバランス重視の方は物足りない気はしますが、ぼくのようなあんこ重視だと満足度が非常に高いです。そして、非常に香り高いきなこのおはぎ(夏季限定)は、提供する前にきなこを少し炒っているんじゃないかと思うほど、香ばしいです。とても美味しいです。

葵家やきもち総本舗(京都・上賀茂)

このお店は「やきもち」が有名ですが、個人的にはこの「おはぎ」の素晴らしさが上回ると思います。あんこの甘さも、もち米の感触やお味もとても好みで、「上賀茂」という文字を見る度に思い出すので、少し遠いですが通っています。きな粉のおはぎは大抵の場合はこしあんが一緒になっていますが、葵家さんは粒あんを一緒にしてくれているので、粒あん・きな粉どちらもという選択をしています。かなり柔らかいので、持ち帰りの際に潰れてしまってどうしてもうまく写真を撮ることができず申し訳ないです。


おはぎ巴屋(京都・九条大宮)

f:id:primedesignworks:20200210152652j:plain
tabelog.com店名に「おはぎ」と付くおはぎ専門店です。しっかりといい具合に握られているので、とても食べやすく、あんこの甘さもちょうど良くとても美味しいです。

松屋製菓(京都・烏丸七条)

f:id:primedesignworks:20200804191238j:plain
tabelog.comかなり大きめのおはぎで、もち米が薄味の代わりにあんこの甘さが強く、一緒に食べたときに満足感が最大になります。ちょっと調べても営業時間が分からなかったので尋ねてみたら、8:00〜17:00 だそうです。

永楽屋(京都・四条河原町

f:id:primedesignworks:20200210152636j:plain
shop.eirakuya.co.jp「大判おはぎ」という巨大おはぎです。見た目に引っ張られず、粒あんの味がかなり好みで、最初に食べたときにリピート確定と思いました。この巨大おはぎはさすがに切って食べないといけないけど、もち米はやや餅状態に近いので、お箸で切りづらいという点はありますが、大満足のお品です。

仙太郎(京都・四条寺町)

f:id:primedesignworks:20210613211324j:plain
www.sentaro.co.jpこの「七穀おはぎ」は、通常と違ってお米が外側であんこが内側になっており、七穀の粒々感も楽しめますし、内側のあんことのコンビネーションが絶妙で非常に美味しいです。個人的には、通常のおはぎより好きです。

その他

おたべ「おはぎ」(京都・上鳥羽)f:id:primedesignworks:20200917201811j:plain
京都銘菓「おたべ」公式ブランドサイト

叶匠壽庵「おはぎ」(滋賀・大津)f:id:primedesignworks:20200920101304j:plain
叶 匠壽庵

紀ノ国屋「おはぎ」(スーパー)f:id:primedesignworks:20210325191501j:plain
株式会社紀ノ國屋

京阿月「おはぎ」(京都・上鳥羽)f:id:primedesignworks:20200920101305j:plain
京都市左京区の京阿月|四季を織り込んだ老舗和菓子

口福堂「おはぎ」(スーパー)f:id:primedesignworks:20210725144240j:plain
おはぎ(つぶ)|柿安本店

サザエ「おはぎ」(スーパー)f:id:primedesignworks:20200704222401j:plain
おはぎ | サザエ食品株式会社

笹屋伊織「おはぎ」(京都・七条大宮)f:id:primedesignworks:20200320193919j:plain
https://www.sasayaiori.com/shop/products/p-5043/

仙太郎「おはぎ」(京都・四条寺町)f:id:primedesignworks:20200221022110j:plain
おはぎ 粒|仙太郎

仙太郎「八穀ぼた」(京都・四条寺町)f:id:primedesignworks:20210717002610j:plain
八穀ぼた|仙太郎

[販売終了] 白「おはぎ」(京都・祇園f:id:primedesignworks:20200210152656j:plain
白 HAKU

マツバラ「おはぎ」(スーパー)f:id:primedesignworks:20210117221526j:plain

マツバラ「ぼた餅」(スーパー)f:id:primedesignworks:20200221193719j:plain

万代「おはぎ」(スーパー)f:id:primedesignworks:20210314214200j:plain
店舗検索・チラシ情報 - mandai[万代]

三河屋「おはぎ」(京都・妙心寺f:id:primedesignworks:20200424165744j:plain
■ 妙心寺前 三河屋 ■

山崎製パン「おはぎ」(ローソン)f:id:primedesignworks:20200320193915j:plain

ゆのたに「おはぎ」(スーパー)f:id:primedesignworks:20200809203925j:plain
菓子 | 株式会社ゆのたに


ぜんざい

おはぎより全体のサイズが大きいため、あんこをより長い時間で楽しめ、汁にも風味が存分に含まれるので、体があんこで満たされる感じがとても好きです。冬季にしか取り扱っていない場合が多く、夏場はスーパーで小豆とお餅を買ってきて楽しむしかないのが少々残念なところではあります。年中取り扱ってくれたらいいのに...。ちなみに粒あんでできていると「ぜんざい」、こしあんでできていると「お汁粉」、ぜんざいの汁なしが「亀山」ですが、汁があるものを「お汁粉」、汁がないものを「ぜんざい」と呼ぶ地域もあるようです。

ただ、猫舌なので毎回食べるのが大変です。

ぎおん徳屋(京都・祇園

f:id:primedesignworks:20200316030722j:plain
f:id:primedesignworks:20200316030726j:plain
gion-tokuya.jp
徳屋さんは自分でお餅を焼くスタイルなので、少々手間はありますが、間違いなく焼き立てなので香ばしく、自分で焼く行為ということもあってとても美味しいです。あんこの味も見事としか言えないし、お口直しに添えられる昆布が、山椒の実と一緒に炊いているのか、とても香り高く素晴らしいお品で、普通に白ごはんのお供として食べたいと思うぐらいでした。この昆布だけ売ってくれないかなぁ...。ぜんざい好きであれば是非訪れてほしいお店です。行列ができていますが、二階もあって広いようで、開店前に行けば意外とすんなり入れます。

和久傳(京都・御池堺町)

かなり大粒の小豆を煮崩れなど全くなくふっくらと焚き上げられていて、少し強めのあんことなっており、お餅はそのあんこを引き立てるような感じでいて、この両者が合わさったときに特別な贅沢感を味わる素晴らしい逸品です。さすが一級の料亭...!!!

㐂み家(京都・浄土寺

この「亀山」は、甘さが少し強いゆであずきをたっぷりと玄米餅にかけたお品で、この玄米餅もとても香ばしくて美味しいです。店内のあしらいは、名前から想像した「純和風かつ古風な佇まい」ではなくオシャレカフェという感じです。


月ヶ瀬(京都・堺町御池)

f:id:primedesignworks:20200404144434j:plain
お品書き | 京都甘味処 月ヶ瀬
この「亀山」は、最初かなり熱かったので、猫舌の人は気をつけてください。甘めのあんこでとても好みです。お餅もいい感じの状態で、個人的に月ヶ瀬さんはぜんざいより亀山の方が大好きです。

梅園(京都・三条寺町)

f:id:primedesignworks:20200301143151j:plain
umezono-kyoto.comぜんざいは大抵上澄み液のような透き通ったお汁が上の方にはありますが、梅園さんのぜんざいはとろみが強めなのであまり上澄みの部分がなくて非常に好みです。甘さも控えめというわけでも強いわけでもなくちょうどいい感じで、かなり好きです。

㐂み家(京都・浄土寺

f:id:primedesignworks:20200301143155j:plain
www.kimiya-kyoto.com甘さは少し強めですが、とても美味しいです。「あんこを食べている」幸福感に包まれます。

鍵善良房(京都・祇園

f:id:primedesignworks:20200316030737j:plain
https://www.kagizen.co.jp/kissa/?p=1671www.kagizen.co.jpこの「きび餅ぜんざい」は、もち米と違って食物繊維を多く感じ、まさに「穀物を食べている」実感を味わえます。個人的にはとても好きです。あんこの甘さもちょうど良く、お店の雰囲気も落ち着いていて素晴らしいので、心もおなかも満たしてくれます。

その他

赤福茶屋「赤福ぜんざい」(三重・伊勢)f:id:primedesignworks:20200210152711j:plain
https://www.akafuku.co.jp/product/zenzai/

かさぎ屋「京都ぜんざい」(京都・二寧坂)f:id:primedesignworks:20200301143146j:plain
かさぎ屋 (かさぎや) - 祇園四条/甘味処 | 食べログ

叶匠壽庵「ぜんざい」(滋賀・大津)f:id:primedesignworks:20210116111356j:plain
https://kanou.com/gnaviplus/item/zenzai/

加茂みたらし茶屋「ぜんざい」(京都・下鴨)f:id:primedesignworks:20201231230410j:plain
加茂みたらし茶屋 (かもみたらしちゃや) - 出町柳/甘味処 | 食べログ

京阿月「白玉ぜんざい」(京都・上鳥羽)f:id:primedesignworks:20200823152259j:plain
京阿月 ポルタ店 (きょうあづき) - 京都/甘味処 | 食べログ

鼓月「冷し善哉」(京都・横大路)f:id:primedesignworks:20210813072300j:plain

笹屋伊織「丹羽産大納言小豆のおぜんざい」(京都・七条大宮)f:id:primedesignworks:20200320193924j:plain
本店・イオリカフェ | 京菓子 笹屋伊織

サスナデリコム「ぜんざい」(スーパー)f:id:primedesignworks:20201231012727j:plain
サスナデリコム

茶寮 宝泉「丹波大納言ぜんざい」(京都・下鴨)f:id:primedesignworks:20200328103659j:plain
http://www.housendo.com/housen2.html

茶ろん たわらや「お善哉」(京都・堀川今出川f:id:primedesignworks:20200210152715j:plain
茶ろん たわらや - 今出川/甘味処 | 食べログ

月ヶ瀬「ぜんざい」(京都・堺町御池)f:id:primedesignworks:20200316030732j:plain
お品書き | 京都甘味処 月ヶ瀬

月ヶ瀬「冷し白玉ぜんざい」(京都・堺町御池)f:id:primedesignworks:20210724160216j:plain
お品書き | 京都甘味処 月ヶ瀬

わらべや日洋「こんがりお餅のあったかぜんざい」(セブンイレブンf:id:primedesignworks:20200210152706j:plain


和菓子でないと「棹菓子」とか「棹物」という響きに出会わないですが、どれも大きめなので、長く楽しめます。切るのは多少面倒かもしれませんが、一人で食べるときなどはそのままお箸で切っちゃったりしてます。

俵屋吉富(京都・烏丸今出川

ぼくが京都のお土産としてのラインナップの先頭に位置する、「雲龍」です。ずっと昔から大好きで、粒あんの上品さや味わいは個人的に最高峰です。半棹もあるので、手軽に購入できます。全面あんこでできたぼくにとっては夢の和菓子です。

鶴屋吉信(京都・堀川今出川

羊羹と言うと滑らかな感じを思い出しますが、こちらは粒感で支配されている、粒あんを集めて形を作ったとも言えるくらいに粒あんの塊で、個人的には羊羹界ナンバーワンです。小豆の深い味わいを心ゆくまで楽しめる、素晴らしい逸品です。

叶匠壽庵(滋賀・大津)

この「あも」は、羽二重餅粒あんで取り囲むというスーパースターとも言える和菓子であるが故に、満足感が異常に高いです。ただ、半棹や小分け売りが無いので、「よし!食べるぞ!」というテンションのときにお勧めです。お店の方に訊いたことがあるんですが、製造上、この長さ以外では作れないらしいです。


笹屋伊織(京都・七条大宮)

f:id:primedesignworks:20200221193740j:plain
www.sasayaiori.com元号記念で販売された「新元号「令和」本練羊羹」です。たぶんパッケージが特別なだけで、中身は「本練羊羹」ですが、素晴らしく美味しい羊羹です。こんなにも羊羹って味わい深いものだったのか...と驚きました。

鶴屋吉信(京都・堀川今出川

f:id:primedesignworks:20200324033448j:plain
www.tsuruyayoshinobu.jpこの「鶴屋吉信ようかん」は、小さいからと言って侮ってはならないぐらいにあんこがとても味わい深く、食べやすいパッケージで旅行のお供にもぴったりなお品です。むしろ大きな棹物として売ってほしいぐらいに好きです。

京都鶴屋(京都・壬生)

f:id:primedesignworks:20200416194847j:plain
www.kyototsuruya.co.jp上品かつしっかりとした味わいで、大きめの小豆の食感も良く美味しい「小倉羹」です。

満月(京都・堀川今出川

f:id:primedesignworks:20210125232757j:plain
www.ajyarimochi.com阿闍梨餅が超有名な満月さんですが、個人的にはこちらの「京納言」を推します。あんこ好きとしては心ゆくまで楽しめるとても上質な和菓子です。

最中

こちらも代表的なあんこ和菓子だと思うのですが、個人的に最中の皮があまり好きではないので(口の中にひっつく感じがなんとも...)、その分食べる頻度は減るんですが、それでもあんこが美味しい物はいつも買っています。

香雲堂(栃木・足利)

f:id:primedesignworks:20200224183849j:plain
f:id:primedesignworks:20200210152818j:plain
koundohonten.jpこの香雲堂さんの「古印最中」、というかあんこが個人的には最高峰で、物凄くしっとりしており、かつ甘さも好みで非常に好きです。こちらも特別に外装だけでなく中のあんこも是非見ていただきたいということで、割った姿も掲載します。素晴らしいクオリティです。つやつやと輝く宝石のような一粒一粒がたまりません。あんこ単体で言えば最も好きです。

仙太郎(京都・四条寺町)

お土産によく持って行く、仙太郎さんの看板商品である「ご存じ最中」です。小豆がたっぷりと入り、味もかなり好きです。仙太郎さんの餡の素晴らしさを強く感じます。お店によっては箱のみで、小売りはされていません。

宝泉堂(京都・下鴨)

の「大内菊」という最中も、自分で組み立てる方式ですが、中に入れるあんこがゆであずきではなく、炊かれた小豆そのものです。実にふっくらとした甘さ控えめな小豆で美味しいです。


中田屋(石川・金沢)

f:id:primedesignworks:20200624225751j:plain
kintuba.shop21.makeshop.jp素晴らしい小豆の味を心ゆくまで堪能できる「鍔もなか 大納言」です。さすがきんつばで名を馳せる中田屋さん、という感じです。

仙太郎(京都・四条寺町)

f:id:primedesignworks:20200301143159j:plain
www.sentaro.co.jp仙太郎さんの最中はあんこがふっくらとして歯応えも程よく、実に味わい深くて好きです。

笹屋伊織(京都・七条大宮)

f:id:primedesignworks:20200324033443j:plain
https://www.sasayaiori.com/shop/products/p-298/www.sasayaiori.comこの「だるまさん」は百貨店で手に入らないので店舗へ行く必要はありますが、ふっくらしたあんこがとても好きな味です。一緒に入っている栗が無くて中身が全てあんこだったら、おそらくもっと好きだと思います(別に栗を嫌っているわけではないですが...)。

亀屋良長(京都・四条堀川)

f:id:primedesignworks:20210723223605j:plain
kameya-yoshinaga.comあんこがとても好みの味で思わず二度見をしてしまった「菊もなか」です。

その他

御菓子司松田あんころ五福餅本店「福乃井」(福井・越前開発駅)f:id:primedesignworks:20210310234903j:plain
御菓子司 松田あんころ 五福餅本店 (菓子処 きなり) - 越前開発/和菓子 | 食べログ

叶匠壽庵「匠壽庵 大石最中」(滋賀・大津)f:id:primedesignworks:20200221022757j:plain
https://www.kanou.com/products/detail.php?product_id=202

京都鶴屋「壬生の誠」(京都・壬生)f:id:primedesignworks:20200402153707j:plain
壬生の誠最中:御菓子のご紹介

金つばの幸福堂「壬生最中」(京都・壬生)f:id:primedesignworks:20200401124011j:plain
http://www.koufukudo.net/?pid=7933382

錦梅堂「羽二重もなか」(京都・壬生)f:id:primedesignworks:20210309002336j:plain
錦梅堂 - 福井城址大名町/和菓子 | 食べログ

幸福堂「ごじょうぎぼし最中(牛若丸)」(京都・河原町松原)f:id:primedesignworks:20210316001802j:plain
商品紹介|京都・京和菓子老舗 幸福堂オンラインショッピング

幸福堂「ごじょうぎぼし最中(弁慶)」(京都・河原町松原)f:id:primedesignworks:20210317003508j:plain
商品紹介|京都・京和菓子老舗 幸福堂オンラインショッピング

笹屋伊織「お手作り最中」(京都・七条大宮)f:id:primedesignworks:20200325012701j:plain
お手作り最中 | 京菓子 笹屋伊織

仙太郎「もち最中」(京都・四条寺町)f:id:primedesignworks:20200408135641j:plain
もち最中|仙太郎

総本家釣鐘屋本舗「釣鐘もなか」(催事・大阪)f:id:primedesignworks:20201204124327j:plain
株式会社釣鐘屋本舗|大阪・お土産・釣鐘まんじゅう・お菓子 / 釣鐘もなか

俵屋吉富「俵もなか」(京都・直営店限定)f:id:primedesignworks:20200309145407j:plain
最中|京都の和菓子|京菓子「俵屋吉富」

俵屋吉富「俵屋もなか」(京都・烏丸今出川f:id:primedesignworks:20200309145402j:plain
最中|京都の和菓子|京菓子「俵屋吉富」

三浦屋「最中」(京都・北山)f:id:primedesignworks:20200603234931j:plain
三浦屋 - 北大路/和菓子 | 食べログ

三河屋「最中」(京都・妙心寺f:id:primedesignworks:20200426011416j:plain
■ 妙心寺前 三河屋 ■

養老軒「最中」(京都・妙心寺f:id:primedesignworks:20210417003058j:plain
養老軒 / TOPページ

若菜屋「最中上る」(京都・堀川御池) f:id:primedesignworks:20210303002306j:plain
商品紹介|京都栗菓匠 若菜屋


あんこ餅というカテゴリは古来から大人気だと思いますが、ここではあんこが外側でも内側でも同じカテゴリとして挙げていきます。

かさの家(催事・福岡)

福岡の超名物「梅ヶ枝餅」です。物産展でできたてを購入できたので、新幹線で食べてみたらお餅の柔らかさとあんこの美味しさに倒れるかと思いました。しかも冷凍できて、解凍後も美味しさを復元できるので、大量に買って冷凍という流れをできるのが嬉しいです。

仙太郎(京都・四条寺町)

大福や豆餅の中で、この仙太郎さんの「豆の餅」が最も好きです。お餅も美味しいし、何より中のあんこが甘さ強めで、お餅の味ととても合っていて、食べる度に幸福が訪れます。この豆の餅や七穀おはぎの中に入っているあんこは、通常のおはぎのあんこよりも甘さが強い気がします。

天神堂(京都・上七軒

売り切れ御免の「やきもち」は、かなり好みのあんこがたっぷりと詰まっているので、ひと口ひと口がとても幸せです。


おせきもち(京都・城南宮)

f:id:primedesignworks:20200210152827j:plain
tabelog.com赤福粒あん版と言ったところです。城南宮自体がうちから行きづらいところにあるので、あまり機会はないんですが、行く度に食べたいお品です。お店でも食べられるので、持ち帰りでも買うかどうかは食べて決めようと思って食べたんですが、即決で買って帰りました。

出町ふたば(京都・出町柳

f:id:primedesignworks:20201224161157j:plain
tabelog.com豆餅の雄・出町ふたばさん。ぼくはここの「冬至餅」がとてもお気に入りです。お餅から柚子の香りと味わいが素晴らしく感じられて、ひと口ごとに唸ります。

神馬堂(京都・上賀茂)

f:id:primedesignworks:20210722180722j:plain
tabelog.com名物の「やきもち」は、持って帰ったときにはあんこがお餅からはみ出てしまうくらいにたっぷり入っていてとても嬉しいです。できれば早い時間帯に行く方が確実に手に入ります。

仙太郎(京都・四条寺町)

f:id:primedesignworks:20201219170722j:plain
www.sentaro.co.jpこの「あぶり餅」は、あんこはもとより、お餅がとても美味しいです。昆布の風味がうっすらと、しかし確実に効いていて、それが美味しさを底上げしている感じです。

その他

葵家やきもち総本舗「桜餅」(京都・上賀茂)f:id:primedesignworks:20210227214725j:plain
葵家やきもち総本舗の店舗で購入できる商品のご案内

葵家やきもち総本舗「やきもち」(京都・上賀茂)f:id:primedesignworks:20200224183859j:plain
葵家やきもち総本舗の店舗で購入できる商品のご案内

あんぽーね「大福」(京都・祇園f:id:primedesignworks:20210814201242j:plain
京都祇園あのん本店 | 京都祇園カフェ

味のくらや「からいも団子」(催事・宮崎)f:id:primedesignworks:20200224183909j:plain
味のくらや

井津美屋「草餅」(スーパー)f:id:primedesignworks:20200502163938j:plain
京菓子司 井津美屋

叶匠壽庵「匠壽庵 白姫餅」(滋賀・大津)f:id:primedesignworks:20201229005056j:plain
https://www.kanou.com/gnaviplus/item/syojuanshirahimemochi_kouhaku/

京阿月「月見だんご」(京都・上鳥羽)f:id:primedesignworks:20210919222643j:plain
京都市左京区の京阿月|四季を織り込んだ老舗和菓子

京都鶴屋「屯所餅」(京都・壬生)f:id:primedesignworks:20200329161800j:plain
屯所餅:御菓子のご紹介

笹屋伊織「塩大福」(京都・七条大宮)f:id:primedesignworks:20200320193928j:plain
https://www.sasayaiori.com/shop/products/p-772/

笹屋春信「あんころ餅」(京都・桂)f:id:primedesignworks:20200725152853j:plain

成城石井「十勝のだんご屋 あん」(スーパー)f:id:primedesignworks:20201124202206j:plain

仙太郎「あんころ」(京都・四条寺町)f:id:primedesignworks:20210717002728j:plain
あんころ 粒・こし|仙太郎

仙太郎「月見だんご」(京都・四条寺町)f:id:primedesignworks:20210904222932j:plain
月見だんご|仙太郎

仙太郎「焼きぼた」(京都タカシマヤ限定)f:id:primedesignworks:20200221022159j:plain
焼きぼた|仙太郎

丹波園「大福」(京都・上七軒f:id:primedesignworks:20210731214907j:plain
丹波園 | 京のおまめ処

虎屋「土用餅」(京都・一条)f:id:primedesignworks:20210717155702j:plain
商品一覧 | とらやの和菓子|株式会社 虎屋

とかち製菓「塩豆大福」(スーパー)f:id:primedesignworks:20200810063703j:plain
とかち製菓

中むら餅「大福もち」(京都・上七軒f:id:primedesignworks:20210710151614j:plain
中むら餅 - 北野白梅町/和菓子 | 食べログ

中むら餅「道明寺」(京都・上七軒f:id:primedesignworks:20210710151002j:plain
中むら餅 - 北野白梅町/和菓子 | 食べログ

鳴海餅「あんころ餅」(京都・堀川下立売f:id:primedesignworks:20210717155412j:plain
明治八年創業 | 鳴海餅

日進堂「ひねり餅」(催事・宮城)f:id:primedesignworks:20210703211749j:plain
イベント情報 2021年 - 日進堂中部 東北物産 ずんだ餅

三河屋「あんころ餅」(京都・妙心寺f:id:primedesignworks:20210724204511j:plain
■ 妙心寺前 三河屋 ■


水無月

白い外郎を氷に見立て、その上に鹿の子豆(小豆)を乗せた、夏の風物詩となっている京都ならではの和菓子です。

仙太郎(京都・四条寺町)

外郎って昔から苦手だったんですが、美味しいと心を支配されたのは初めてです。小豆は仙太郎さんなので間違いない美味しさです。水無月ってこんなに美味しいんだ...ととても驚きました。

俵屋吉富(京都・烏丸今出川

小豆と外郎のバランスがとても素晴らしく、とても美味しいです。小豆たっぷりなのも嬉しいです。

笹屋伊織(京都・七条大宮)

小豆の味を強調させるためか、生地のモチモチ感は少なめに感じましたが、非常に好きな水無月です。


鳴海餅(京都・堀川下立売

f:id:primedesignworks:20200725152752j:plain
www.narumi-mochi.jp弾力の少ない外郎で作られた水無月です。小豆も美味しいし、季節ものなので、見つけ次第買いたいです。

鍵善良房(京都・祇園

f:id:primedesignworks:20210627141252j:plain
https://www.kagizen.co.jp/www.kagizen.co.jp小豆と外郎、共にとても美味しく、少なくとも 1726 年には外箱が存在していたという老舗和菓子屋の姿を感じました。

半兵衛麩(京都・五条川端)

f:id:primedesignworks:20210624223535j:plain
www.hanbey.co.jp生麩の雄である半兵衛麩さんの「水無月麸」は、外郎ではなく生麩なので、少し趣きが違いますが、美味しいです。めっちゃモチモチしてます。

永楽屋(京都・四条河原町

f:id:primedesignworks:20210626200320j:plain
www.eirakuya.co.jp永楽屋さんのあんこが好きなぼくとしては、安定感のある美味しさです。

きんつば

粒あんを薄い皮で包むという、まさにあんこを味わうためにあるような和菓子です。ただ、和菓子屋さんでもあまり扱ってないらしく、出会えるチャンスは少ないです。

福うさぎ(石川・金沢)

この「能登大納言」はあんこが素晴らしく美味しいので、この記事を書いてる時点では 1 年前に食べたきりですが、不動のナンバーワンです。

中田屋(石川・金沢)

きんつばで有名な中田屋さんです。個人的な好みの筆頭は、この「能登大納言」です。味はもとより、小豆のふっくらとした食感も素晴らしいです。

米屋(ファミリーマート

個人的にはあんこ界でトップクラスの千葉の米屋さん、きんつばを見かけたので「米屋さんだからきっと美味しいはず」と思って買ってみたら、やはり美味しいです。見かけたら必ず買います。



中田屋(石川・金沢)

f:id:primedesignworks:20200419172940j:plain
kintuba.shop21.makeshop.jp
中田屋さんのノーマルきんつばもとても美味しいです。小豆の味わいも深く、甘さも好みで毎日でも食べたいお品です。

中村軒(京都・桂)

f:id:primedesignworks:20200317021100j:plain
www.nakamuraken.co.jpとても上品なあんこの味です。時折百貨店でも売られていますが、夕方くらいには売り切れという場合が多いです。

あわしま堂(スーパー)

f:id:primedesignworks:20200410140941j:plain
www.awashimado.co.jp中にお餅も入っていて、一石二鳥な感じです。あわしま堂さんのあんこも大好きですね。

寿菓舗(京都・紫野)

f:id:primedesignworks:20200706175851j:plain
kyoto-kotobuki.comちょうど良い甘さのあんこで、大きめのきんつばです。

その他

伊勢源六たちばなや(京都・堀川三条)f:id:primedesignworks:20200326123602j:plain
https://www.kyowagashi.jp/?pid=107123570

伊藤軒(京都・伏見)f:id:primedesignworks:20201205225412j:plain
伊藤軒 / TOPページ

いとうや(催事・長野)f:id:primedesignworks:20201021235102j:plain
和菓子・飯田・いとうや

金つばの幸福堂「金つば」(京都・壬生)f:id:primedesignworks:20200401124007j:plain
【幸福堂 金つば】京都・壬生 京の和菓子 金つばの幸福堂


どら焼き・とら焼き

あんこと生地という 2 要素が絡み合うので、あんこは好きだけど生地が...とかその逆もあるので、なかなか好みのどら焼きに出会うことは難しいです。個人的には、あんこと生地が一緒に溶け合って味わえるどら焼きが好きです。ちなみに、紙を敷いて焼くと生地が虎模様になるので「とら焼き」と言うらしいです。

かんみこより(大阪・阪急うめだ本店

普通に想像するどら焼きとは違い、お店でのみいただける、しかもあんこと生地とクリームが分かれています。それぞれがまず美味しいのですが、三者が合わさったときに美味しさの連鎖というか、何倍も美味しく感じられるお品です。長い行列ができていることもあるので、少し時間の余裕を持って訪れた方がいいと思います。

米屋(ローソン)

コンビニでは多くのどら焼きが売られてますが、その中で最も好きです。重厚な味の生地もあんこも大好物です。基本的にこの米屋さんのあんこ物は見つけたら買う勢いです。よく行くローソンには置いてないので、どこのローソンにも置いてほしいです。ちなみに米屋さんのどら焼きはファミリーマートセブンイレブンにも置かれていることがありますが、ローソンのものが最も大きく満足度が高いです。

丸京製菓(無印良品

生地は柔らかいながらも弾力があり、ちょうど良い甘さもあって、量産品とは思えない感じです。半年くらい見かけませんでしたが、ついに入荷しだしたということで大量に買ってしまいました。


山崎製パンデイリーヤマザキ

f:id:primedesignworks:20200403015915j:plain
山崎製パンさんのあんこが好きなので、デイリーヤマザキなら見たことのないお品があるかもしれないと思って行ってみたら、ありました。とても好みのどら焼きに出会えました。米屋さんのどら焼きと近い味で、生地もあんこも大好きです。

柿安(京都・大丸)

f:id:primedesignworks:20210811231027j:plain
www.kakiyasuhonten.co.jpあんこも美味しいんですが、個人的には生地のしっとりかつふわふわした感じがとても好きです。初めて口にしたときは「えっえっ」って二度見しました。

京阿月(京都・上鳥羽)

f:id:primedesignworks:20200210152735j:plain
www.kyoazuki.jp店名がそのまま「あづき」という「京阿月」さんのどら焼きは、生地の弾力にまず驚くのですが、あんこがとても美味しいです。上鳥羽の工場で出来立てを買ったんですが、しばらく置いた方が味が馴染むのか、より好きな感じになりました。

あわしま堂(スーパー)

f:id:primedesignworks:20200210152720j:plain
www.awashimado.co.jpあんこの粒をしっかり感じられるし甘さも好きだし、なによりふわふわな生地がぼく好みで、あんことの調和が凄まじく、口の中で一緒に溶け合う感じがたまりません。よく割引シールが貼ってあるので、買いだめしてしまいます。

その他

青柳「岩塩バターのふわどら」(群馬・桐生)f:id:primedesignworks:20200221022502j:plain
上州菓匠青柳 | 創業大正9年 群馬県内に8店舗展開の和菓子店

青柳「どら焼き」(群馬・桐生)f:id:primedesignworks:20200221193726j:plain
https://aoyagi.gunma.jp/main/dorayaki.html

あわしま堂「大福どら焼」(スーパー)f:id:primedesignworks:20200825000752j:plain
商品カテゴリー一覧|株式会社あわしま堂|和菓子・洋菓子

あわしま堂「北海道産小豆とたまごをたっぷり使ったどら焼」(スーパー)f:id:primedesignworks:20200429214413j:plain

伊勢源六たちばなや「源六やき」(京都・堀川三条)f:id:primedesignworks:20200324033439j:plain
https://www.kyowagashi.jp/?pid=107123590

井津美屋「どら焼き」(スーパー)f:id:primedesignworks:20200210152740j:plain
京菓子司 井津美屋

井村屋「3コ入 あんこたっぷり和菓子屋のどら焼」(スーパー)f:id:primedesignworks:20201221174316j:plain
3コ入 あんこたっぷり和菓子屋のどら焼 | 商品情報 | 井村屋株式会社

栄太郎(福井・二の宮)f:id:primedesignworks:20200821190621j:plain
商品紹介

御菓子司松田あんころ五福餅本店「どら焼」(福井・越前開発駅)f:id:primedesignworks:20210304233851j:plain
御菓子司 松田あんころ 五福餅本店 (菓子処 きなり) - 越前開発/和菓子 | 食べログ

叶匠寿庵「石山弄月」(滋賀・大津)f:id:primedesignworks:20200221022414j:plain
https://www.kanou.com/products/detail.php?product_id=172

寛永堂「大判奈良三笠焼」(奈良県内店舗限定)f:id:primedesignworks:20200210152753j:plain
京都三条菓子司 寛永堂

京阿月「とらやき」(京都・上鳥羽)f:id:primedesignworks:20210213081501j:plain
京都市左京区の京阿月|四季を織り込んだ老舗和菓子

京菓子 処洛心館「朝焼き ハチミツどらやき」(京都・伊勢丹限定)f:id:primedesignworks:20201212222004j:plain
商品紹介 | 京菓子処 洛心館

京都鶴屋「壬生焙烙」(京都・壬生)f:id:primedesignworks:20200404021918j:plain
壬生炮烙(みぶほうらく):季節の商品

ケイ・エスカンパニィー「びっくりどら焼」(スーパー)f:id:primedesignworks:20210321150613j:plain
株式会社 ケイ・エスカンパニー/KSCompany

香雲堂「尊氏」(栃木・足利)f:id:primedesignworks:20200224183834j:plain
香雲堂本店 和菓子

寿菓舗「三笠」(京都・紫野)f:id:primedesignworks:20200708190745j:plain
寿菓舗司

寿製菓「あずきどら焼」(催事・広島)f:id:primedesignworks:20201128210049j:plain
どら焼|寿製菓株式会社

薩摩蒸氣屋「銅羅殿」(催事・鹿児島)f:id:primedesignworks:20200227201605j:plain
銅鑼殿(どらどん) | 薩摩蒸氣屋

志津屋「京どら焼」(京都・山ノ内)f:id:primedesignworks:20200325012656j:plain

清閑院「東山の峰」(京都・祇園f:id:primedesignworks:20200210152758j:plain
https://www.seikanin.jp/SHOP/19308201.html

仙太郎「仙太」(京都・四条寺町)f:id:primedesignworks:20200210152803j:plain
どら焼 仙太|仙太郎

仙太郎「父の日どら焼き」(京都・四条寺町)f:id:primedesignworks:20210621233614j:plain
父の日どら焼|仙太郎

匠 宇治彩菜「和三盆糖どら焼き」(京都・宇治)f:id:primedesignworks:20200523220215j:plain
匠 宇治彩菜 - 宇治(京阪)/和菓子 | 食べログ

丹波園「丹波大納言のどら焼」(京都・上七軒f:id:primedesignworks:20210807004057j:plain
丹波大納言のどら焼 | 丹波園

中田屋「やそとせ」(石川・金沢)f:id:primedesignworks:20200625234840j:plain
やそとせ 1個

仁々木「黒どら」(京都・祇園f:id:primedesignworks:20200405022635j:plain
http://shop.ninigi.co.jp/?pid=66207925

味匠いしい「岐阜どら焼き 小倉バター」(催事・岐阜)f:id:primedesignworks:20210822145504j:plain
岐阜県大垣市で和菓子は味匠 いしい

味匠いしい「岐阜どら焼き 粒あん」(催事・岐阜)f:id:primedesignworks:20210822150801j:plain
岐阜県大垣市で和菓子は味匠 いしい

味匠いしい「岐阜どら焼き 餅入り」(催事・岐阜)f:id:primedesignworks:20210823234453j:plain
岐阜県大垣市で和菓子は味匠 いしい

三浦屋「しっとりどら焼き」(京都・北山)f:id:primedesignworks:20200602232450j:plain
三浦屋 - 北大路/和菓子 | 食べログ

峯岸大和屋「特製あんバターどら焼き」(群馬・太田)f:id:primedesignworks:20200221022637j:plain
峯岸大和屋 (みねぎしやまとや) - 太田/和菓子 | 食べログ

峯岸大和屋「どら焼き」(群馬・太田)f:id:primedesignworks:20200221022555j:plain
峯岸大和屋 (みねぎしやまとや) - 太田/和菓子 | 食べログ

モンテール「どらもっち あんこ & ホイップ」(ローソン)f:id:primedesignworks:20201226095831j:plain
HTTP 404 - ファイル未検出[LAWSON]

よしだ屋「どら焼き」(栃木・足利)f:id:primedesignworks:20200224183829j:plain
定番菓子|御菓子司よしだ屋

山崎製パン「あんずっしりどら焼き」(ローソン)f:id:primedesignworks:20200221022333j:plain

山崎製パン「あんたっぷりどら焼き つぶあん & マーガリン」(ローソン)f:id:primedesignworks:20210116010435j:plain

山崎製パン「おはぎどら焼き」(コンビニ)f:id:primedesignworks:20210904141159j:plain

山崎製パン「大福どら焼きつぶあん」(ローソン)f:id:primedesignworks:20210306001112j:plain

よし廣「手焼きどら焼」(スーパー)f:id:primedesignworks:20210121121010j:plain
商品一覧 | 京都和菓子「京菓子司よし廣」

若菜屋「栗璞」(京都・堀川御池)f:id:primedesignworks:20210217122209j:plain
商品紹介|京都栗菓匠 若菜屋


あんぱん

和菓子カテゴリが軒並み並ぶ中、あんぱんが異色に映るかもしれませんが、あんこ物としては欠かせないお品でしょう。持って帰る過程で形が崩れてしまいやすいので、写真映えしなくなってしまったお品がいくつかあります...。

志津屋(京都・山ノ内)

色んなお店であんぱんを買いました。食べました。個人的なその頂点に位置するのは、志津屋さんです。どのあんぱんにも共通するのがパンが薄く、あくまでも主役はあんこという感じでいながら、パンもしっかり美味しいという点です。あんことパンの美味しさの掛け合わせという意味では、このあんぱんが志津屋さんの中でも最高だと思っています。あんこの瑞々しさと甘さに加えて、パンの味わいも大変好みです。あんぱんを買うために志津屋さんへ行く、という感覚でいます。

志津屋(京都・山ノ内)

f:id:primedesignworks:20200210152620j:plain
f:id:primedesignworks:20200210152626j:plain
www.sizuya.co.jp
こちらも志津屋さんのあんぱんですが、外装の他に外側のパンを食べた状態も掲載します。見よ!このあんこの量!という感じです。そして前項でも挙げたパンの薄さ、そう、「あんこだ!おぬしはあんこを食べるんだ!」と言わんばかりの形状です。個人的にはよもぎパンでない方がいいんですが、圧倒的なあんこの前に、そんなことはどうでもいいくらいに満足します。

マリーフランス(京都・今出川新町)

f:id:primedesignworks:20200829171315j:plain
www.marry-france.jp
これはあんこ部分より全体のお味がとても好みです。あんこと生地の一体感がとにかく凄まじいです。マリーフランスさんのクッキー生地?の部分もかなり好きで、毎回買っています。


別格(京都・四条烏丸

f:id:primedesignworks:20201225153723j:plain
bekkaku.kyoto.jp別格さんは、八ツ橋の「おたべ」さんの会社によるパン屋で、そりゃ八ツ橋の雄だからあんこ物は美味しいだろう...と思った遥か上を行く美味しさです。あんこの甘さがとても好みで、バターの塩加減が少し強ければさらに好みになるかもしれません。クロワッサンもとても美味しいです。

アンデルセン(京都・伊勢丹京都店)

f:id:primedesignworks:20210812132655j:plain
www.andersen.co.jpあんドーナツの中で、アンデルセンさんのこの「十勝のあんドーナツ」が一番好きで、あんこもパンもとても美味しいです。パンの風味が最も強く出ている感じです。あんドーナツのためにアンデルセンさんへ行くぐらいに好きです。

志津屋(京都・山ノ内)

f:id:primedesignworks:20210102074655j:plain
www.sizuya.co.jp特に減量期間はこの「大納言あんドーナツ」への禁断症状が出るほどに、よく頭をよぎります。毎回我慢しきるんですが、とてもツラいほどに好きです。美味しさが伝わる表現ではない気はします。

マリーフランス(京都・今出川新町)

f:id:primedesignworks:20200814200116j:plain
www.marry-france.jp大好きなパンである「バターパン」にあんこを詰め込んだ感じの「餡 バタ子さん」です。おそらくベースとなるパンは「バターパン」ですが、これもとても好きなので、あんこも加わっているのでかなり好きです。

その他

R Baker「噂のあんバター」(京都・伊勢丹f:id:primedesignworks:20210813210510j:plain
R Baker|アールベイカー

R Baker「ずっしりあんぱん」(京都・伊勢丹f:id:primedesignworks:20210814105112j:plain
R Baker|アールベイカー

エズ ブルー「あんバター」(京都・今出川寺町)f:id:primedesignworks:20201224160925j:plain
エズ ブルー (eze bleu) - 出町柳/パン | 食べログ

エズ ブルー「あんドーナツ」(京都・今出川寺町)f:id:primedesignworks:20210124083213j:plain
エズ ブルー (eze bleu) - 出町柳/パン | 食べログ

エズ ブルー「あんデニッシュ」(京都・今出川寺町)f:id:primedesignworks:20210211104044j:plain
エズ ブルー (eze bleu) - 出町柳/パン | 食べログ

エズ ブルー「あんぱん」(京都・今出川寺町)f:id:primedesignworks:20201224160804j:plain
エズ ブルー (eze bleu) - 出町柳/パン | 食べログ

オイシス「もっちもち粒あん」(スーパー)f:id:primedesignworks:20200617224125j:plain
商品カテゴリー|株式会社オイシス

オイシス「あんブレッド」(スーパー)f:id:primedesignworks:20210419125319j:plain
商品カテゴリー|株式会社オイシス

オーボンパン・ビゴの店「あんフランス」(京都・北大路 VIVRE)f:id:primedesignworks:20200412105920j:plain
オーボンパン・ビゴの店 (BIGOT) - 北大路/パン | 食べログ

オーボンパン・ビゴの店「フランスあんぱん」(京都・北大路 VIVRE)f:id:primedesignworks:20210828212409j:plain
オーボンパン・ビゴの店 (BIGOT) - 北大路/パン | 食べログ

オリオンベーカリー「力あんぱん」(スーパー)f:id:primedesignworks:20210907233526j:plain

敷島製パン「デニッシュ小倉」(スーパー)f:id:primedesignworks:20210812123203j:plain

敷島製パン「万代あんぱん」(スーパー)f:id:primedesignworks:20210906234941j:plain

SIZUYAPAN「丹波大納言つぶあん」(京都・京都駅)f:id:primedesignworks:20200210152631j:plain
http://www.sizuyapan.kyoto.jp/

進々堂「京小麦のプチパン あんバター」(京都・丸太町寺町)f:id:primedesignworks:20200718174910j:plain
京小麦のプチパン あんバター | 商品情報 | 進々堂

第一屋製パン「大きな小倉デニッシュ」(スーパー)f:id:primedesignworks:20201123152139j:plain

第一屋製パン「大阪あんぱん」(スーパー)f:id:primedesignworks:20200316125020j:plain

CheerUp!「あんバター」(京都・岡崎)f:id:primedesignworks:20210110073721j:plain
菓子パン | 東山二条のパン屋さん CheerUp!(チアアップ)

DONQ「あんドーナツ」(兵庫・神戸)f:id:primedesignworks:20210815153010j:plain
ドンク - DONQ - | 創業116周年。おいしい焼きたてパンの店

knot café「あんバターサンド」(京都・上七軒f:id:primedesignworks:20210710104046j:plain
knot café

パンとエスプレッソと嵐山庭園「あんバタートーストセット」(スーパー)f:id:primedesignworks:20210821082854j:plain
パンとエスプレッソと嵐山庭園『エスプレッソと』 | 株式会社 日と々と

ブーランジェオクダ「あんバター」(京都・平野神社f:id:primedesignworks:20200814200102j:plain
http://boulange-okuda.jp/

ブーランジェオクダ「あんパン」(京都・平野神社f:id:primedesignworks:20200814200056j:plain
http://boulange-okuda.jp/

ブーランジェリ 山崎「あんクリームサンド」(京都・西京極)f:id:primedesignworks:20201103080218j:plain
ブーランジェリー・ヤマザキ - 西京極/パン | 食べログ

ブーランジェリ 山崎「あんぱん」(京都・西京極)f:id:primedesignworks:20201129095340j:plain
ブーランジェリー・ヤマザキ - 西京極/パン | 食べログ

ブーランジェリ 山崎「ソフトあんバター」(京都・西京極)f:id:primedesignworks:20201103173205j:plain
ブーランジェリー・ヤマザキ - 西京極/パン | 食べログ

ブリアン「塩あんバター」(京都・北山)f:id:primedesignworks:20210815214406j:plain
Briant(ブリアン)| あなたのテーブルに、ちょっとした贅沢を

ブリアン「ビエノアあんバター」(京都・北山)f:id:primedesignworks:20210815074530j:plain
Briant(ブリアン)| あなたのテーブルに、ちょっとした贅沢を

ポールボキューズ「極・生しおパン 北海道餡バターサンド」(京都・大丸)f:id:primedesignworks:20210815151218j:plain
ポールボキューズ 大丸京都店 (PAUL BOCUSE) - 烏丸/パン | 食べログ

ポールボキューズ「あんドーナツ」(京都・大丸)f:id:primedesignworks:20210815150447j:plain
ポールボキューズ 大丸京都店 (PAUL BOCUSE) - 烏丸/パン | 食べログ

ポールボキューズ「あんぱん」(京都・大丸)f:id:primedesignworks:20201018155613j:plain
ポールボキューズ 大丸京都店 (PAUL BOCUSE) - 烏丸/パン | 食べログ

Bread's Plus「あんぱん」(京都・西院)f:id:primedesignworks:20200712054921j:plain

Bon appetit「あんぱん」(京都・下鴨)f:id:primedesignworks:20200210152559j:plain
ボナペティ (Bon appetit) - 出町柳/パン | 食べログ

Bon appetit「出町バターあんぱん」(京都・下鴨)f:id:primedesignworks:20210224152516j:plain
ボナペティ (Bon appetit) - 出町柳/パン | 食べログ

マリーフランス「小倉ドーナツ」(京都・今出川新町)f:id:primedesignworks:20210808144311j:plain
京都今出川で30年、自家製餡薄皮あんぱんマリーフランス

マリーフランス「フランスあんぱん」(京都・今出川新町)f:id:primedesignworks:20201017211822j:plain
京都今出川で30年、自家製餡薄皮あんぱんマリーフランス

まるき製パン所「あんぱん」(京都・堀川五条)f:id:primedesignworks:20201004161312j:plain
まるき製パン所 - 四条大宮/パン | 食べログ

万代「あん塩バター」(スーパー)f:id:primedesignworks:20210809132338j:plain

万代「アンドーナツ」(スーパー)f:id:primedesignworks:20210809214657j:plain

メルヘン「小倉あん」(スーパー)f:id:primedesignworks:20200809200740j:plain
サンドイッチハウス メルヘン

山崎製パン「あずきふかし」(スーパー)f:id:primedesignworks:20201123073900j:plain

山崎製パン「アングッティ」(スーパー)f:id:primedesignworks:20200627060756j:plain

山崎製パン「あんこ天国」(ローソン)f:id:primedesignworks:20200210152605j:plain

山崎製パン「あんことバターのフランスパン」(ローソン)f:id:primedesignworks:20200227201600j:plain

山崎製パン「あんこのまんまるデニッシュ」(ローソン)f:id:primedesignworks:20210213080456j:plain

山崎製パン「あんドーナツ」(スーパー)f:id:primedesignworks:20210816154440j:plain

山崎製パン「あんバターフランスパン」(デイリーヤマザキf:id:primedesignworks:20210214160622j:plain

山崎製パン「あんマーガリンマフィン」(ローソン)f:id:primedesignworks:20200210152609j:plain

山崎製パン「あんを味わうつぶあんぱん」(デイリーヤマザキf:id:primedesignworks:20200322071523j:plain

山崎製パン「クッキーサンド」(スーパー)f:id:primedesignworks:20210813062740j:plain

山崎製パン「サンドロール 小倉&マーガリン」(ファミリーマートf:id:primedesignworks:20210810152933j:plain

山崎製パン「たっぷりつぶあんデニッシュ」(ファミリーマートf:id:primedesignworks:20200429165151j:plain

山崎製パン「たっぷりつぶあんのたい焼きみたいなデニッシュ」(ファミリーマートf:id:primedesignworks:20210620144039j:plain

山崎製パン「たっぷりつぶあんパン」(ローソン)f:id:primedesignworks:20200326123558j:plain

山崎製パン「TASTY LONG つぶあんぱん」(ローソン)f:id:primedesignworks:20200417211652j:plain

山崎製パン「トーストサンド 粒あん & マーガリン」(スーパー)f:id:primedesignworks:20201231012741j:plain

山崎製パンもち麦のあんバターブレッド」(ローソン)f:id:primedesignworks:20201219194137j:plain

山崎製パン「Le Bâton あんバター風味」(スーパー)f:id:primedesignworks:20210810152854j:plain

ライフ「あんドーナツ」(スーパー)f:id:primedesignworks:20210809130142j:plain

ライフ「国産バターのあんフランス」(スーパー)f:id:primedesignworks:20210913120849j:plain

Le Petit Mec「あんドーナツ」(京都・今出川智恵光院)f:id:primedesignworks:20210131082634j:plain
Le Petit Mec OFFICIAL SITE

Le Petit Mec「生あんぱん」(京都・今出川智恵光院)f:id:primedesignworks:20210131153304j:plain
Le Petit Mec OFFICIAL SITE


ゆであずき

もうここまで来ると、あんこ単体でのカテゴリです。あんトーストやあんこ餅を家で作る場合に重宝します。

御座候(兵庫・姫路)

f:id:primedesignworks:20200801102237j:plain
f:id:primedesignworks:20200801103808j:plain
www.gozasoro.co.jp
小豆が柔らかく、瑞々しく、とても美味しいです。パンに乗せてあんバターにするとさらに美味しさが引き立ちます。こちらのパンは志津屋さんのドリブルです。

中村製餡所(京都・上七軒

あんこ屋さんである中村製餡所さんの「丹波大納言つぶあん」は、小豆の味をしっかりと感じら、甘さもぼく好みでとても素晴らしいお品です。自家製の大福を作りましたが、和菓子屋さんの味になるという素晴らしいあんこです。

中村製餡所(京都・上七軒

上と同じ中村製餡所さんの「つぶあん」です。味はもとより何が凄いかって、プラスチックのパックを簡易的に留めただけの密封包装されてない状態にも関わらず、賞味期限が長くて購入後 1 週間は楽しめるという点です。様々な贅沢な食べ方で幸せな時間を長く楽しめます。


井村屋(スーパー)

f:id:primedesignworks:20200427182102j:plain
www.imuraya.co.jp昔から有名な井村屋さんの「ゆであずき」です。ゆであずきの世界標準とも言える感じです。

都松庵(京都・四条堀川)

f:id:primedesignworks:20200820041700j:plain
www.toshoan.com「北海小豆粒あん」は、瑞々しさよりも味にフォーカスした感じです。かなり粘性が高く、パックからなかなか出ない(あんことパックの内側が吸い付いている感じ)ので、例えば冷蔵庫に入れるためのタッパーに移すのに一仕事が必要ですが、とてもとても美味しいです。パンに塗るっていうほど伸びないので、食べる度に付けるのがおそらく正解です。

永楽屋(京都・四条河原町

f:id:primedesignworks:20200403130244j:plain
shop.eirakuya.co.jpおはぎを好きな永楽屋さんのあんこなので期待大で買ってみたら、粒がしっかりとしており、甘さはやや控えめな上品なあんこで、おはぎよりも水分量が少なめという感じです。そのためか、スプーンで取り出したら、吸着してなかなか離れないくらいです。

山清(スーパー)

f:id:primedesignworks:20210415105708j:plain
www.yamasei.jp山清さんの缶詰で、「ゆであずき」は「煮た小豆だけがぎっしりと入っている」感じに対して、この「つぶあん」は「あんこがぎっしりと入って」います。缶詰タイプでは最も好きです。

その他

茜丸粒あん・十勝~大粒大納言~」(スーパー)f:id:primedesignworks:20200511123216j:plain

伊勢製餡所「おいしい つぶあん」(スーパー)f:id:primedesignworks:20200508111004j:plain
三重県伊勢市 伊勢製餡所

今西軒「あんてぃーく」(京都・烏丸五条)f:id:primedesignworks:20200407184437j:plain
今西軒 (いまにしけん) - 五条(京都市営)/和菓子 | 食べログ

井村屋「ゆであずき」(スーパー)f:id:primedesignworks:20210914121912j:plain

おたべ「あん」(京都・京都駅)f:id:primedesignworks:20210515115810j:plain

コメダ珈琲店「ゆであずき」(愛知・瑞穂)f:id:primedesignworks:20200504071500j:plain

都松庵(京都・四条堀川)f:id:primedesignworks:20200808102214j:plain
都松庵の店舗のご案内 - 都松庵

橋本食糧工業株式会社「ゆであずき」(スーパー)f:id:primedesignworks:20200526141149j:plain
ゆであずき T-2号缶 | 【餡の橋本】橋本食糧工業株式会社

橋本食糧工業株式会社「ゆであずき 甘さひかえめ」(スーパー)f:id:primedesignworks:20200504182121j:plain
北海道ゆであずき T-2号缶 | 【餡の橋本】橋本食糧工業株式会社

山清「ゆであずき」(スーパー)f:id:primedesignworks:20210407120146j:plain
http://www.yamasei.jp/amai/amai3.html



その他

カテゴリ分けしづらいお品をまとめて紹介していきます。

仙太郎「丹波みくまり 小豆」(京都・四条寺町)

とても好みの味で炊かれた小豆を寒天で固めた、小豆を味わうのに最適なお品です。ひと口ひと口で「うん...美味しい...」と思わず声が出てしまいました。個人的には仙太郎さんで最も好みです。缶に入っているので賞味期限も長く、お土産にぴったりだと思います。

御座候「赤あん」(兵庫・姫路)

「赤あん」しか食べたことはないですが、たっぷりのあんこがたまりません。冷蔵後に電子レンジで温めるときは皮をパリッとさせるよりも、普通に加熱して柔らかい皮の方が好きです。ちなみに、この形状の呼び名は色々ありますが、御座候さんでは回転焼きと呼んでいるようです。

梅香堂「小倉バターホットケーキ」(京都・今熊野)

昔ながらのホットケーキに、たっぷりのバターとあんこが乗っており、満足感の極みを感じられます。このバターも、ホットケーキとあんこの双方にぴったりな塩気で、素晴らしいとしか言えないお品です。


鶴屋吉信「夏衣」(京都・堀川今出川

f:id:primedesignworks:20210801152040j:plain
こしあんほど生和菓子で粒あんに出会わないのですが、この「夏衣」はあんも道明寺生地も美味しいし、見た目もとても涼やかで、いかにも夏の生和菓子という感じです。夏場の楽しみのひとつで、お店に寄る機会があり、残っていれば必ず買っています。

亀屋良長「冷やし小豆」(京都・四条堀川)

f:id:primedesignworks:20210713234954j:plain
https://kameya-yoshinaga.com/?pid=101565063kameya-yoshinaga.comとにかく小豆がとても美味しいです。初めて食べたときは「これは...!!!」って息を飲みました。

老松「香果餅」(京都・上七軒

f:id:primedesignworks:20210723144519j:plain
oimatu.shop-pro.jp表題の「あんこ物」という感じはしませんが、中にあんこが多めに練り込まれている、フルーツクッキーのような感じです。全体のバランスが凄まじく好みで、食べている最中に何度「うまっ」って言ったか覚えてません。

叶匠寿庵「深山守」(滋賀・大津)

f:id:primedesignworks:20210920074813j:plain
kanou.com
餅米のひきわりの生地にあんこを閉じ込めた、実に美しいお菓子です。生地の食感やお味もとても好きなので、お店に寄る度に買いそうです。

その他

あまいろ コーヒーとたい焼き「天草のたい焼き」(京都・四条烏丸f:id:primedesignworks:20200412105931j:plain
あまいろ コーヒーとたい焼き - 四条(京都市営)/カフェ | 食べログ

イケダパン「あん巻き」(ローソン)f:id:primedesignworks:20210727235051j:plain
定番食品紹介 あん巻き(3) イケダパン オフィシャルサイト

老松「北嵯峨」(京都・上七軒f:id:primedesignworks:20200221022933j:plain
https://oimatu.shop-pro.jp/?pid=100312059

叶匠寿庵「夏の玉露地」(滋賀・大津)f:id:primedesignworks:20210605212430j:plain
https://kanou.com/gnaviplus/item/natsunotamaroji/

叶匠寿庵「春は来ぬ」(滋賀・大津)f:id:primedesignworks:20200224183903j:plain
http://www.kanou.com/products/detail.php?product_id=369

叶匠寿庵「水羊羹」(滋賀・大津)f:id:primedesignworks:20210606075812j:plain
水羊羹(みずようかん)|叶 匠壽庵

錦梅堂「羽二重やき」(福井・福井城)f:id:primedesignworks:20200902235136j:plain
錦梅堂 - 福井城址大名町/和菓子 | 食べログ

珈琲館「トラディショナル・ホットケーキ 北海道小豆」(京都・烏丸七条)f:id:primedesignworks:20201221174310j:plain
オリジナルホットケーキ | 【公式】珈琲館

古今果「あんころね」(催事・広島)f:id:primedesignworks:20210109074843j:plain
https://coconca.jp/

笹屋伊織「あずき餅」(京都・七条大宮)f:id:primedesignworks:20200310135835j:plain
あずき餅 | 京菓子 笹屋伊織

薩摩蒸氣屋「かるかん饅頭」(催事・鹿児島)f:id:primedesignworks:20210309003054j:plain
かるかん饅頭 | 薩摩蒸氣屋

泰平庵「大吉餅」(スーパー)f:id:primedesignworks:20200709165828j:plain

仙太郎「ぎおんさん」(京都・四条寺町)f:id:primedesignworks:20210708190005j:plain
商品一覧|仙太郎

仙太郎「笹の雫」(京都・四条寺町)f:id:primedesignworks:20210619220832j:plain
笹の雫|仙太郎

仙太郎「夏よすが」(京都・四条寺町)f:id:primedesignworks:20210625234355j:plain
京ト 夏よすが|仙太郎

仙太郎「あづき寒天」(京都・四条寺町)f:id:primedesignworks:20210707213754j:plain
あづき寒天|仙太郎

仙太郎「しるこ寒天」(京都・四条寺町)f:id:primedesignworks:20210816225412j:plain
しるこ寒天|仙太郎

都松庵「水玉もち」(京都・四条堀川)f:id:primedesignworks:20201108220450j:plain
水玉もち - 都松庵

中田屋「莢」(石川・金沢)f:id:primedesignworks:20200701235553j:plain
莢 1個

中むら餅「田舎饅頭」(京都・上七軒f:id:primedesignworks:20210710155755j:plain
中むら餅 - 北野白梅町/和菓子 | 食べログ

鳴門鯛焼本舗「十勝産あずき」(大阪・東大阪f:id:primedesignworks:20200814200151j:plain
お品書き - 天然たいやき!鳴門鯛焼本舗

尾州屋「そば餅」(京都・四条河原町f:id:primedesignworks:20200319170600j:plain

Bread's Plus「あんだんご」(京都・西院)f:id:primedesignworks:20201031190126j:plain

森八「宝達葛 季すずやか」(催事・石川)f:id:primedesignworks:20210914235058j:plain
加賀藩御用菓子司 森八

山崎製パン「甘納豆」(スーパー)f:id:primedesignworks:20200704222353j:plain

よしだ屋「六方焼き」(栃木・足利)f:id:primedesignworks:20200224183912j:plain
定番菓子|御菓子司よしだ屋

ル・フレンド「粒あんパイ」(無印良品f:id:primedesignworks:20200326123608j:plain


更新履歴

  • 2020/05/01 公開(計 156 点)
  • 2020/07/06 「おはぎ」にサザエさんのおはぎ、「最中」に中田屋さんの鍔もなか・三浦屋さんの最中、「きんつば」に中田屋さんの能登大納言、「どら焼き」に中田屋さんのやそとせ・村中甘泉堂さんの勝家太鼓・三浦屋さんのしっとりどら焼き、「あんぱん」に山崎製パンさんのアングッティ・オイシスさんのもっちもち粒あん、「その他」に中田屋さんの葵・山崎製パンさんの甘納豆、を追加(計 167 点)
  • 2020/07/26 「ぜんざい」に鶴屋吉信さんの氷室ぜんざい、「餅」に笹屋春信さんのあんころ餅、「どら焼き」に寿菓舗司さんの三笠、「あんぱん」に Braed's Plus さんのあんぱん・進々堂さんの京小麦のプチパン あんバター、「その他」に仙太郎さんのみなづき 白・鳴海餅さんの水無月鶴屋吉信さんの夏衣・泰平庵さんの大吉餅、を追加(計 176 点)
  • 2020/08/15 「おはぎ」にゆのたにさんのおはぎ、「餅」にとかち製菓さんの塩豆大福・あわしま堂さんの塩豆切餅、「どら焼き」に丸京製菓さんのどら焼き、「あんぱん」にマリーフランスさんの小倉あんぱん/餡 バタ子さん・大正製パン所さんのあんバターサンド・ブーランジェオクダさんのあんぱん/あんバター・メルヘンさんの小倉あん・大正製パン所さんのあんぱん、「ゆであずき」に御座候さんのつぶあん・都松庵さんのあんこの食べ比べ、「その他」に鳴門鯛焼本舗さんの十勝産あずきを追加(計 190 点)
  • 2020/08/21 「どら焼き」に栄太郎さんのどら焼き、「ゆであずき」に都松庵さんの北海小豆粒あんを追加(計 192 点)
  • 2020/08/25 「ぜんざい」に京阿月さんの白玉ぜんざい、「どら焼き」にあわしま堂さんのどら焼き、「あんぱん」にブリアンさんのあんぱん/ビエノアあんバター・山崎製パンさんのランチパックを追加(計 197 点)
  • 2020/09/21 「おはぎ」におたべさんのおはぎ・おはぎ工房さんのおはぎ・たねやさんのおはぎ・葵家やきもち総本舗さんのおはぎ・叶匠壽庵さんのおはぎ・京阿月さんのおはぎ、「あんぱん」にグランディールさんのマスカルポーネあんぱん/あんドーナツ・マリーフランスさんの自家製粒あんのペストリー、「その他」に錦梅堂さんの羽二重やきを追加(計 207 点)
  • 2020/10/18 「あんぱん」にマリーフランスさんの小倉ドーナツ/フランスあんぱん・まるき製パン所さんのあんぱん・DONQ さんのあんコッペパン・ブーランジェリ山崎さんのあんぱん・ポールボキューズさんのあんぱんを追加(計 213 点)
  • 2020/11/30 「餅」に成城石井さんの十勝のだんご屋 あん、「きんつば」にいとうやさんの大名きんつば、「どら焼き」に寿製菓さんのあずきどら焼、「あんぱん」にブーランジェリ山崎さんのあんクリームサンド/ソフトあんバター・山崎製パンさんのあずきふかし/あんバターフランス、第一製パンさんの大きな小倉デニッシュ、「その他」に都松庵さんの水玉もち、Bread's Plus さんのあんだんごを追加(計 223 点)
  • 2020/12/21 「おはぎ」に阪急デリカアイさんのおはぎ、「ぜんざい」にいせはんさんの丹波大納言ぜんざい、「最中」に総本家釣鐘屋本舗さんの釣鐘もなか、「餅」に仙太郎さんのあぶり餅、「きんつば」に伊藤軒さんのきんつば、「どら焼き」に夢乃味さんの大きなどら焼つぶあん・井村屋さんの3コ入 あんこたっぷり和菓子屋のどら焼・京菓子 処洛心館さんの朝焼き ハチミツどらやき、「あんぱん」に bonne volonte さんのあんパン・山崎製パンさんのもち麦のあんバターブレッド、「その他」に珈琲館さんのトラディショナル ホットケーキ 北海道小豆、を追加(計 234 点)
  • 2020/12/25 「餅」に出町ふたばさんの冬至餅/名代豆餅/黒豆大福、「あんぱん」に別格さんのクロワッサンあんとバター・エズ ブルーさんのあんぱん/あんバター、を追加(計 240 点)
  • 2020/12/31 「ぜんざい」に加茂みたらし茶屋さんのぜんざい・サスナデリコムさんのぜんざい、「餅」に叶匠壽庵さんの匠壽庵 白姫餅、「どら焼き」にモンテールさんのどらもっち あんこ & ホイップ、「あんぱん」に山崎製パンさんのトーストサンド 粒あん & マーガリン、「その他」に京煎堂さんのきのめ、を追加(計 246 点)
  • 2021/01/17 「ぜんざい」に叶匠壽庵さんのぜんざい、「最中」にたねやさんの斗升最中、「どら焼き」に山崎製パンさんのあんたっぷりどら焼き つぶあん & マーガリン、「あんぱん」にあんドーナツ・志津屋さんの大納言あんドーナツ・CheerUp! さんのつぶあん/あんバター・パン工場さんの塩パンつぶあん、「その他」に京煎堂さんのあおじそ・古今果さんのあんころね、を追加(計 256 点)
  • 2021/01/24 「おはぎ」にマツバラさんのおはぎ、「どら焼き」によし廣さんの手焼きどら焼、「ゆであずき」に加藤産業株式会社さんの粒の極み、を追加(計 259 点)
  • 2021/02/29 「おはぎ」にライフさんの店内手作りおはぎ、「棹」に京阿月さんの京納言、「どら焼き」に京阿月さんのとらやき・文明堂さんの月三笠・若菜屋さんの栗璞、「あんぱん」にエズブルーさんのあんドーナツ/あんデニッシュ・ORENO PAN さんのあんぱん・Bon Appetit さんの出町バターあんぱん・山崎製パンさんのあんこのまんまるデニッシュ/あんバターフランスパン・柳月堂さんの粒あんむしぱん・Le Petit Mec さんのあんドーナツ、を追加(計 272 点)
  • 2021/03/14 「ぜんざい」に鶴屋吉信さんのおぜんざい・和久傳さんのぜんざい、「最中」に錦梅堂さんの羽二重もなか・御菓子司松田あんころ五福餅本店さんの福乃井・若菜屋さんの合せ最中上る、「餅」に葵家やきもち総本舗さんの桜餅、「どら焼き」に御菓子司松田あんころ五福餅本店さんのどら焼・幸福堂さんのみかさ・山崎製パンさんの大福どら焼きつぶあん、「その他」に薩摩蒸氣屋さんのかるかん饅頭・梅香堂さんの小倉バターホットケーキを追加(計 283 点)
  • 2021/05/01 「おはぎ」に紀ノ国屋さんのおはぎ・鼓月さんのおはぎ・万代さんのおはぎ、「ぜんざい」に井村屋さんのぜんざい、「最中」に幸福堂さんのごじょうぎぼし最中(牛若丸)/ごじょうぎぼし最中(弁慶)・養老軒さんの最中、「どら焼き」にケイ・エスカンパニィーさんのびっくりどら焼・鼓月さんの千寿どらやき、「あんぱん」にオイシスさんのあんブレッド、「ゆであずき」に山清さんのゆであずき/つぶあん、「その他」に笑福堂さんの羽二重がさね・明月堂さんの博多じまんを追加(計 297 点)
  • 2021/06/18 「おはぎ」に仙太郎さんの七穀おはぎ、「ぜんざい」にたねやさんのぜんざい・丹波屋さんのぜんざい、「どら焼き」にシャトレーゼさんのバターどら焼き、「あんぱん」にミスタードーナツさんの北海道あずき、「ゆであずき」におたべさんのあん・加藤産業さんのゆであずき・はごろもフーズさんのゆであずき、「その他」に叶匠壽庵さんの夏の玉露地/水羊羹を追加(計 307 点)
  • 2021/06/25 「最中」にアダチ製菓さんのたっぷり小豆最中、「餅」に仙太郎さんの豆の餅、「どら焼き」に仙太郎さんの父の日どら焼き、「あんぱん」に山崎製パンさんのたっぷりつぶあんのたい焼きみたいなデニッシュ、「その他」に祇園饅頭さんの水無月・五建外良屋さんの水無月・仙太郎さんの笹の雫・出町ふたばさんの水無月中村軒さんの水無月・半兵衛麩さんの水無月麸を追加(計 317 点)
  • 2021/07/02 「餅」にアダチ製菓さんの塩豆大福・永楽屋さんの大福、「どら焼き」に井筒八ッ橋本舗さんの三笠、「その他」に井筒八ッ橋本舗さんの水無月・永楽屋さんの水無月・京阿月さんの水無月・鍵善良房さんの水無月・鼓月さんの水無月・笹屋伊織さんの水無月・仙太郎さんの夏よすが・俵屋吉富さんの水無月を追加(計 328 点)
  • 2021/07/14 「最中」に仙太郎さんのご存じ最中、「餅」に明日香食品さんの塩豆大福・天神堂さんのやきもち・中むら餅さんの大福もち/道明寺・日進堂さんのひねり餅、「あんぱん」に knot café さんのあんバターサンド、「ゆであずき」に中村製餡所さんの丹波大納言つぶあん、「その他」に亀屋良長さんの冷やし小豆・仙太郎さんのあづき寒天/ぎおんさん・中むら餅さんの田舎饅頭/水無月・よし廣さんの水無月を追加(計 342 点)
  • 2021/07/23 「おはぎ」に仙太郎さんの八穀ぼた、「餅」に祇園饅頭さんのあんころ餅/塩豆大福・神馬堂さんのやきもち・仙太郎さんのあんころ・丹波屋さんの土用餅・虎屋さんの土用餅・鳴海餅さんのあんころ餅、「水無月」に葵家やきもち総本舗さんの水無月、「その他」に老松さんの香果餅を追加(計 352 点)
  • 2021/07/25 「おはぎ」に口福堂さんのおはぎ、「ぜんざい」に月ヶ瀬さんの冷し白玉ぜんざい、「最中」に亀屋良長さんの菊もなか、「餅」に三河屋さんのあんころ餅、「その他」に山崎製パンさんの特撰 月餅を追加(計 357 点)
  • 2021/08/12 「おはぎ」に出町ふたばさんのおはぎ、「餅」に丹波園さんの大福・出町ふたばさんのみぞれもち、「どら焼き」に柿安さんのどら焼・丹波園さんの丹波大納言のどら焼、「あんぱん」にアンデルセンさんの十勝のあんドーナツ/あんバターフランス・グランディールさんのジャポネ・敷島製パンさんのデニッシュ小倉・スターバックスさんのあんバターサンド・万代さんのあん塩バター/アンドーナツ・山崎製パンさんのLe Bâton あんバター風味/サンドロール 小倉&マーガリン・ライフさんのあんドーナツ、「その他」にイケダパンさんのあん巻き・鶴屋吉信さんのこんちきちん・出町ふたばさんのくずまんじゅうを追加(計 375 点)
  • 2021/08/18 「ぜんざい」に鼓月さんの冷し善哉、「餅」にあんぽーねさんの大福、「あんぱん」に AMACO さんの甘麹あんぱん・R Baker さんの噂のあんバター/ずっしりあんぱん・DONQ さんのあんドーナツ・ブリアンさんの塩あんバター・ポールボキューズさんのあんドーナツ/極・生しおパン 北海道餡バターサンド・山崎製パンさんのあんドーナツ/クッキーサンド、「その他」に仙太郎さんのしるこ寒天を追加(計 387 点)
  • 2021/09/20 「餅」に京阿月さんの月見だんご・仙太郎さんの月見だんご、「どら焼き」に味匠いしいさんの岐阜どら焼き 小倉バター/岐阜どら焼き 粒あん/岐阜どら焼き 餅入り・山崎製パンさんのおはぎどら焼き・六花亭さんのどらやき、「あんぱん」にアンデルセンさんの小倉あんぱん・オーボンパン・ビゴの店さんのフランスあんぱん/有機 粒あんぱん・オリオンベーカリーさんの力あんぱん・パンとエスプレッソと嵐山庭園さんのあんバタートーストセット・敷島製パンさんの万代あんぱん・ライフさんの国産バターのあんフランス、「ゆであずき」に井村屋さんのゆであずき、「その他」に叶匠壽庵さんの深山守・森八さんの宝達葛 季すずやかを追加(計 404 点)


いかがでしたk(以下略

500px のハートボタンを大きくする Chrome 拡張を公開しました

500px のハートボタンが小さくて難儀していたので、自分用に拡張を作ってましたが、気が向いたのでウェブストアにて公開しました。
chrome.google.com

拡張を入れてないときー(551 風に
f:id:primedesignworks:20190523150111p:plain

拡張を入れてるときー
f:id:primedesignworks:20190523150107p:plain

入れてないときはちっこいハートボタンを押さないといけないんですが、入れるとハートボタンが大きくなって黒く透明なカバーになるので押せる面積が広がってハッピー。ハートを付けたら白く透明なカバーがかかるので、押したかどうかもすぐに分かります。

書いてる内容はまぁ同じだけど一応。
flugel.biz


キャプチャを撮るのに IGA LOG さんのページを使わせていただきました。
500px.com

500px の記事はこちらもどうぞ。
wings.hatenablog.com

都巡りガイドアップデート

一部機能の追加や改修を行いました。

1. 検索ボックスにおいてのサジェスト機能を追加
文字を入力すると、その文字を含んだスポットの一覧が表示されるようになりました。
f:id:primedesignworks:20181211165650j:plain

2. コインロッカーをスポットに追加
各電鉄会社が提供している構内図を元に(位置をざっくりと)設定しているので、場所がズレていたり、撤去されていたり、現在は新しく設置されている場合もあります。
f:id:primedesignworks:20181211165913j:plain

3. 細かな改修
Google 乗り換え案内へリンクする URL が一部余計であったものを改修したり(それにより乗り換え案内画面へリンクできていなかった)、拡大率の調整したりしています。


【都巡りガイド】
guide794.info


【使い方】
flugel.biz

都巡りガイドリニューアル

しばらく放置してたので、4 年ぶりのリニューアルを行いました。今回の主なポイントは以下です。

1. ルート案内は Google 先生に任せて、駅・バス停のスポットを削除

f:id:primedesignworks:20180705162225j:plain
Google 乗り換え案内へのリンクを表示

2. 天気予報の表示

f:id:primedesignworks:20180705162222j:plain
3 時間ごとの予報と雨雲レーダーの表示

3. スポット詳細からジャンプできる他ウェブサービスを増加(Retty やトリップアドバイザーなど)

f:id:primedesignworks:20180705162218j:plain
トリップアドバイザー・Retty・ぐるなびじゃらん・QLife・Caloo を追加

4. スポットの種類に病院を追加
5. UI の改変

f:id:primedesignworks:20180705162213j:plain
梅・桜・祇園祭・紅葉の季節だと、該当のスポットのアイコンも変化

【都巡りガイド】
guide794.info


【使い方】
flugel.biz