読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆたんぶろぐ

気が向いたら書いてます

京都で出会ったうまいもん【お食事編】

京都で暮らし始めて 11 年目になり、お気に入りのお店が固定化されたり、新しく出会ったりしたのでその紹介です。別に回しもんじゃありません。勝手に紹介しています。

いづう(祇園

f:id:primedesignworks:20160228235241j:plain

まずはいづうさんから。今年で創業から 235 年になる老舗であり、「鯖街道」もいづうのためにあったと言われるほどのお店です。初代の名前が「いづみや卯兵衛」さんであったことから「いづう」という名前になったと聞いています。もちろん鯖寿司が有名であり美味しいのですが、ぼくとしては他のお寿司も推したい。木の芽が間に入って爽やかな雀寿司、ご飯がとても美味しい蒸し寿司、白い干瓢が印象的な巻き寿司、そして色んな美味しさが詰まった箱寿司...。特に最後の箱寿司が大好物です。

ひさご(祇園

f:id:primedesignworks:20160228235240j:plain

ぼくが天下一の親子丼だと言って何人もの友人を連れて行っているお店です。トロットロの卵が強調されがちですが、山椒の素晴らしい香りもたまりません。昔は「山椒は入れといてよろしいか?」と注文時に尋ねられましたが、最近は客席に置いてあってかけ放題となっており、心ゆくまで山椒との相性を楽しめるようになりました。休日の昼時間はかなり並びます。しかしぼくが発する「食べに行く」という言葉の中に「並ぶこと」も含まれる程度には、並ぶことを厭わないお店です。

十二段家 花見小路店(祇園

f:id:primedesignworks:20160228235242j:plain

ここは何と言っても「大海老天丼」です。まるでぼんち揚げじゃないだろうかと思うようなサクサクの衣に包まれた大きな大きな海老天が本当に好きです。天ぷらというか別の新しい食べ物のような気もします。昔はデフォルトで出し巻き卵がついていたのですが、最近はオプションになったようです。是非、ふわふわの出し巻き卵を一緒に楽しみたいです。あと、牛しぐれ煮もかなり美味しいです。

松葉(祇園

f:id:primedesignworks:20160228235244j:plain

もう 20 年近くになりますが、大晦日は毎年錦市場で買い物をし、そのあとこの松葉さんで年越し蕎麦を買っています。毎年恒例の楽しみになったここのお蕎麦です。もちろん大晦日以外にも食べに行くことがあります。京都もうどん文化が強いように思いますが、ここのお蕎麦はとても好きです。ニシン蕎麦が有名なんですが、いつも違うものを食べております...。

梅の井(祇園

f:id:primedesignworks:20160228235249j:plain

年に一度の贅沢品として鰻をぼくは位置付けておりますが、その一度をここ梅の井さんへ食べに行きます。ふわふわの鰻と山椒の香りがたまりません。うな丼もいいですが、やはり鰻がたくさん乗ったうな重をいただきたいです。昔は縄手通りにお店があったのですが、現在は円山公園内へ移転しております。

おかる(祇園

f:id:primedesignworks:20160228235246j:plain

お店自体は随分前から知っていましたが、ずっと入ってみたくてこの前入ってみたら、やはり美味しかったです。甘ぎつねと透き通ったお出汁も美味しいのですが、チーズ肉カレーうどんという一見変わり種に思えますが、これがなかなか素晴らしいのです。カレーうどんは普通に存在しますが、ここにチーズを合わせてもいいんだ!と思った品でした。

ちりり(丸太町室町)

f:id:primedesignworks:20160228235235j:plain
これ以上ないお出汁に葱をたっぷり入れていただく豚しゃぶです。本当にこのつゆしゃぶは幸せしかありません。最初食べたときは涙が出るかと思いました。

風来房(長岡京

f:id:primedesignworks:20160228235236j:plain
ぼくの中でラーメン・つけ麺で最も好きなお店です。と言っても「白虎」しか食べたことはありませんが、ここへ来て白虎以外を食べて帰る選択肢ができないほどには惚れ込んでいます。トロトロのチャーシューもたまりませんが、レンゲに乗せたご飯をこのスープに浸して食べるという贅沢が好きで、麺でなくご飯がデフォルトでついてくるメニューは無いものかと思うほどです。ちなみに麺は温かいと食べているうちにひっついてしまうので、冷たい麺でいただき、替え玉をする際は温かい麺でスープを少し温め直す感じが良いと思います。これを言わずにいたら友人に怒られたので、ちゃんと書いておきます。

ぱこぱこ(五条西小路)

f:id:primedesignworks:20160228235247j:plain
引き続きラーメンなんですが、絶品の塩ラーメンです。友人を連れて行ったところ、「ここのスープはずっと飲んでいられる」という感想をいただきました。最近になって焼き飯が裏メニューから昇格?して普通にメニューに載っています。日によってご飯の硬さの安定感は無いですが、味は好きです。

ひろ文(貴船)

f:id:primedesignworks:20160228235239j:plain
夏になると必ずここで流しそうめんを食べます。貴船川を正面に見ながらいただくお素麺は夏の風流そのものです。とても雅な感じで好きです。貴船口駅からバスが出ていて、途中まで運んでくれます。ただ、川を眺めながら歩いて行くこともできるので、風流ついでにいいと思います。

京甲屋(堺町六角)

f:id:primedesignworks:20160228235243j:plain
まだ一度しか行ったことはないんですが、ここのステーキが絶品でした。口に入れるととろけるお肉とはこういうことを言うんだろうなと思いました。割と値が張るので、また機会があれば行きたいと思います。

麺屋極鶏(一乗寺

f:id:primedesignworks:20160228235237j:plain
話題の極鶏です。スープがなくなり次第終了なので、昼食と考えて早めに行った方がいいと思います。16 時頃に行ってその日最後のお客になったことがありますので、本当に早めに行ってください。天下一品を遥かに超えるドロドロのスープを、半年に一度無性に食べたくなります。ここは黒だくというマー油入りのものがいいですね。最初は混ざっていないので、鶏だくの味を楽しんでから、マー油をかき混ぜて味を変化させるととても良い感じです。卵かけ御飯セットという誘惑の品もあります。あと、メンマがめちゃくちゃデカいです。

名前、看板のないラーメン屋

f:id:primedesignworks:20160228235245j:plain
ラーメン好きの友達に連れられて行ったお店です。東京の空海というラーメン屋で食べた味玉が最高で、同等の味玉を探していたのですが、ここで出会えました。さらにここでは炭火で色々と焼いてくれており、チャーシュー以外にも炭火の焼き鳥が乗っています。これがまた最高なんです。

キャピタル東洋亭(北山)

f:id:primedesignworks:20160229135053j:plain
名物はやはりトマトサラダではないでしょうか。ハンバーグも安定の美味しさですが、このトマトはとても美味しいです。

葱や平吉高瀬川店(西木屋町

f:id:primedesignworks:20160228235238j:plain
一度行ってみたかったということで友人を連れて行ったんですが、大当たりでした。この写真のタケノコがとても素晴らしかったです。名物であるとろろめしにまだありつけてないので、是非また行きたいです。


最後の方は駆け足でしたが、今度気が向いたら「お土産編」も書きたいと思います。

お土産編を書く前に、別のうまいもん編を書いてしまいました。鼻をほじるぐらいしか暇でやることのない方はどうぞ。
wings.hatenablog.com