読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆたんぶろぐ

気が向いたら書いてます

神戸戦

負けられない戦いが続いているガンバですが、神戸も自身の進退を賭けて戦ってくるので、厳しい試合が予想された今回。しかも神戸にはどうも苦手意識があります。もちろん勝った試合も多いけど、負けた試合も記憶に残るのです。

朝方は寒い感じでしたが、昼過ぎからは少し気温が上がり、まだ過ごしやすくなりました。台風の襲来で大雨も危惧されたこの日でしたが、雨は降らずに助かりました。そんな中、試合が始まるのですが、どうも先発に佐々木がいるようです。私は佐々木のプレイスタイルが大好きですが、とにかく走り回るため、先発では息切れが心配されるので、やはり後半からの登場というのが一番合っているように感じます。そして、結婚してからあまりやる気を感じない平井も先発。かなり心配です。

試合は宇佐美の素晴らし過ぎるゴールから始まりましたが、結果としては散々でした。ある意味、予想通りとなってしまいました。佐々木は後半に息切れしてしまい、平井はボールを追わない、クロスが来そうでも走らない等で、二人とも交替となりました。もちろん、前半に 2 点挙げたことは、先発としての布陣が正解だったのかもしれませんが、試合は終了時点でどうなのかが結果なので、やはり噛み合っていなかったように感じます。平井はいい加減にしてくれと思い続けていると、ようやく星原と交替でしたが、ほとんど出場機会のない星原に残り 15 分は厳しいと思いました。安田は最後のパスミスがなければ良かったんですが。。。最近は要所要所で効いているので、残念です。

個人的な見解ですが、現状のガンバでは次のような布陣がいいと思います。

GK : 藤ヶ谷
DF : 加地、中澤、高木、安田
MF : 橋本、武井(後半から明神)、遠藤、二川(後半から佐々木)
FW : 李、宇佐美

橋本の連続ゴールが途絶えた日に思いましたが、その日は連続 7 ゴールを目指すために、FW ではなく橋本を前線に残すことを許す布陣が終盤採られていました。監督として、選手に記録に絡むことをさせてあげたいという親心を見た日でしたが、平井にも「得点王」という記録に絡ませてあげたいという親心を感じてしまいます。しかし「良い」結果が出ていない(前のゴールも宇佐美がいてこそのゴール)ので、思い切って外すという選択肢もあるんではないでしょうか。
f:id:primedesignworks:20101030153843j:image

最後に、試合前に両チームのキャプテン同士握手をするのですが、神戸のキャプテンである北本が握手する姿を見て、その姿勢に紳士を感じました。