読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆたんぶろぐ

気が向いたら書いてます

清水戦

首位の清水を迎えての一戦。フェルナンジーニョがいなくなって少し戦いやすくなったと勝手に思っていましたが、首位なので少し不安。しかもガンバは怪我人続出で非常事態でもあるのです。ただ、前節や ACL で輝いた宇佐美がいるのでなんとか希望は持っていました。遠藤・ルーカス・平井・橋本などレギュラーの故障者に加え、明神・佐々木・山口も怪我が軽かったためほぼ強行出場状態。うん、かなり厳しい。

試合が始まっても二川しか流れを作れる選手がいないし、パスカットも多くされてしまうし、どうもチグハグとした展開。なんとか PK で先制したものの、後半の猛攻に遭い、結局ドロー。あの猛攻を受けていた時間帯に何故、超献身的な佐々木を投入し、流れを変えようとしなかったのかと、采配に疑問を持ちました。結局佐々木は投入されたものの、時間がなさ過ぎて全く力を発揮できなかった模様。この試合は藤ヶ谷が輝いて見えるだけでした。試合終了後も、ゴール裏からは藤ヶ谷コールだけでした。

首位と引き分けに持ち込んだだけでも御の字のような周りの雰囲気や監督のコメントでしたが、勝つチャンスはあったように思いました。。。
f:id:primedesignworks:20100417082754j:image